恋愛依存症の症状とは?


恋愛をすると、脳内に恋愛ホルモンが分泌され、これは麻薬と同じような働きをします。

それは、好きな人に対して、その人のことしか考えられなくなり、四六時中その人のことを考えてしまう。

脳が覚醒して夜も眠れなくなるなど。また、恋愛初期には心の落ち着きをもたらすホルモンも低下するため、ハラハラドキドキし、いろいろな妄想をして勝手に不安になったりと情緒が不安定になります。

そうして恋愛が人生で一番大切なこと、一番優先順位が高いことになり、他のことが手につかなく、どうでもよくなって、人生の選択を間違えることも多々あります。

恋愛依存症の人は『誰かに愛されること=自分の存在価値』という思考になっています。

さらに、自分を愛してくれる人がいない(恋愛していない)時は、『自分に価値がない』とも思ってしまいます。

そうなると、何事にも自信がなく、やる気が起きず、鬱や引きこもりなどになる可能性もあり、これが恋愛依存症の一番怖い症状です。

本来、大切な相手と一緒にいて幸せなはずなのに常に不安がつきまとっていたり、相手の行動や考えをすべて自分が管理したいと思うようになってしまったりします。

最初のラブラブな時期にはお互いのこと以外は目に入らないためどちらかが依存していても気付きにくいですが、深みにはまってしまうとせっかくのお付き合いが泥沼化してしまい、まさに本末転倒と言えます。

この様な『恋愛依存』でお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、恋愛依存は自分で気づく事が難しいものです。

気付けば、パートナーに依存していた。束縛をしてしまっていた。

相手の言いなりになっていた。という方が大半です。

恋愛は依存するものではなく、お互いを成長させるためのものです。

依存症の傾向があると自覚した方は、これを機に自分を見つめ直してみてください。

そして、恋愛依存の改善として最も重要な事は第三者に相談をしてみるという事です。

第三者の意見に耳を傾ける事で、様々な意見を聞くことが出来ますし、自分自身見つめ直すのに良い機会となります。

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは、『恋愛依存』でお悩みのご相談者様に、せっかくのお付き合いが最悪な状況になってしまわぬ様、アドバイスやサポートをさせて頂いております。

手遅れになる前に一度ご相談ください。