恋愛に関する脳内分泌

こんにちは!恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズ・恋愛アドバイザー内田です。

今週も早いもので…週末を迎えました。

毎週金曜日のなると、一週間の時の速さに驚く事が多いです!

ご相談頂くお客様にどのように問題が解決していくか考えていると、本当にあっと言う間に時間が経つんですね。

さて、恋愛の季節の秋と言う事で恋愛にまつわるブログがちょっと多くなっておりますが、今回も恋愛にまつわるお話をしたいと思います。

恋愛で悩むと自分を醜くしてしまうばかり

恋愛の悩みとは自分が思っている以上に身体に影響を及ぼすんです。

恋愛で悩んだり不安だったり、イライラする事で、大きなストレスとなり、髪が抜け肌が荒れたりするんです…

また暴飲暴食や食欲が無くなる事も心身のコンディションを痛める要因となります。

ストレスを過剰に感じるとコルチゾールと言うホルモンが分泌されます。

これは消化システムに影響を及ぼし機能を低下させます。

コルチゾールは特にウエスト辺りに脂肪を溜め込んでしまう作用もあるため、スタイルを崩してしまう事があるんです。

恋愛ストレスを溜め込んでしまう事で、プラス作用は全く無くマイナスでしかないのです。

そうなる前に、ご相談頂く事が一番の改善策ではないでしょうか?

■恋愛の麻薬

皆さん、PEAという成分をご存知ですか?

恋愛に関係している脳内物質と言われています。

チョコレートやココア、チーズなどに含まれる香りの成分です。

そして鎮痛剤として使われるモルヒネにも含まれているんです。

つまりは軽い麻薬となるんです。

このPEAが体内で分泌されると気持ちが高ぶり、恋にどっぷりハマり快感や多幸感を生み出します。

相手が大好き過ぎて困るのは、PEAの仕業かも知れませんね。

しかし残念ながら、PEAは3年ほどで失われて行くと言われております。

先日お話した『恋愛の壁が3年』とはこの事が絡んでいるのかも知れません。

またPEAは不安な時や緊張している時にも分泌され、恋をしているからPEAが分泌されるのではなく、PEAが分泌されて不安や緊張に駆られるから恋に落ちるとも言われています。

PEAの分泌が3年ほどで低下した時、相手を冷静に見る事が出来て、欠点が目立ってしまうのでしょう。

浮気の悩みも、この頃が多い時期になります。

PEAが低下する前に、様々な問題を解決して行き幸せな時間を過ごして行きましょうね!

恋愛問題でお悩みの方は、恋愛アドバイザーにご相談してみてはいかがでしょうか?

恋愛総合探偵事務所シークレットシークレットリサーチャーズでは、皆様からのお悩みをお受け致します!