思い込みが激しい人


ご相談頂く中で、浮気に関しましてご自身の思い込みだけで、事を荒立てている方が見受けられます。

人は一方通行だけの情報でも『これはそうだ』と信じてしまうと、周りからの意見に耳を傾けないで、真実を知ろうとしなかったり、真実を捻じ曲げてでも思い込んだ事を本当の事だと認識してしまうのです。

もちろん大部分の方は、一時的に真実ではない情報を思い込んだとしても、後から知り得た情報が正しいとわかれば、間違っていた考えを直す事が出来ます。

しかし一度思い込んでしまうと、考えを修正出来ない方は、結果的に周りを引っ掻き回してしまいます。

本当は相手に浮気の事実が無くても、相手のちょっとした言葉や行動に浮気の疑いを掛け、相手が浮気をしていると思い込んでしまうのです。

浮気をしていない方からしたら、事実でもない浮気をしていると決めつけられてしまったら、堪ったものではありません。

でも、浮気をしていると思い込んでいる方としては『浮気を確実にしている』と思っている訳です。

思い込みが激しい人と言うのは、総合的にその方の性格に関係が有るようです。

思い込みが激しいタイプ

上記にも書きましたが、思い込みが激しいタイプとは、その方の性格によるものだと言われております。

では、どのような性格の方が思い込みが激しい方なのか、簡単に書き出してみます。

・自己中心的な性格
・感情の起伏が激しい性格
・考え方が柔軟的でない性格
・マイナス思考な性格

と、一般的に言われているようです。

もちろん上記の性格の方が全て当て嵌まる訳ではないですが、大方の方が思い込みが激しいタイプとして当て嵌まるのです。

そう言われてみると、上記に書き出したタイプとは真逆の方を思い浮かべてみますと、思い込みが激しいタイプでない方が多く浮かんできますよね。

思い込みが激しい方から、浮気調査の依頼を受けたとしても、浮気の事実を見つける事は出来ません。

実際問題、浮気を疑っている相手はそんな事実が無いのですから…当然ですよね。

一週間の調査…二週間の調査と依頼の延長をしても浮気の事実は掴む事は出来ませんが、それでも執拗に浮気調査の延長を願う方もいらっしゃいます。

浮気の事実が無いものに対して証拠を掴む事は絶対に出来ませんので、シークレットリサーチャーズでは今までの経験上、対象者に対して浮気の事実がないと判断した場合は、浮気調査の延長をお断りする場合もあります。

浮気調査の費用も回数を重ねて行きますと、かなりの金額に達してしまいますし、無駄金となってしまいます。

中には、浮気の事実を掴めない事に対して、シークレットリサーチャーズに文句を言われる方もいらっしゃいますが…浮気をしていないものに対して、浮気の事実を掴む事は不可能ですので…八つ当たりもいい加減にしてくれと思う事もありますよ…心の中で。

思い込みの激しい方はそれだけ人生の半分???は無駄にしている事も有りますから、まずはご自身の性格を知ったうえで、自己改善をした方が今後の為にもなります。

自分の視点を変わるだけで、違う世界が見えてきますので、まずは自分が出来る事から始めてみては如何でしょうか?