思い込みが激しい人にありがちな事とは


ちょっとした勘違いは、誰にでもあることです。

しかし、人によっては周りが間違いを指摘しても、自分の考えや感じたことを頑なに変えない、思い込みの激しい人もいます。

例えば、『あの子僕の事が好きなんだよ!』『あの人私の事をいやらしい目で見るの』と、自慢げに話をしてくる人っていますよね?他人に少し優しくされただけで、自分に好意かある。と勘違いしてしまう人です。

この様な人は、”思い込みが激しいタイプ” と言えるでしょう。

基本的に ”思い込みが激しい人” の特徴として考えられるのは『自分に自信がなくプライドが高い』という事です。

上記で話したタイプの人は、『あの人は自分に気がある』と周りに自慢していて、一見『自信家』の様に様に思えるかもしれませんが、それは違います。

自分に自信を持てないからこそ、他人の行動ひとつひとつが気になってしまい、『他人から自分はどの様に思われているのか。』と、常に他人の目を意識している人です。

だからこそ、少し優しくされただけで『好意がある』と勘違いしてしまいますし、相手の意見など無視し、勝手に舞い上がり、周りにその事を自慢げに話すのです。

そして、周りに自慢をする事で『自分はモテている・自分は好かれている』と自己暗示をかける傾向にあります。

このような人は、プライドが高い人が多く、否定・指摘をされると自分の非や拒絶されたという事実を認められず、拒絶されればされるほど、自分のプライドを汚された気がして、逆に相手に執着してしまうという傾向にあります。

この様な感情がエスカレートしてしまうと【自分のプライドを汚された】と、相手に恨みを抱いてしまう。といった最悪な結果になってしまいます。

この様な ”思い込みが激しい人” は、恋愛において損をしてしまう傾向にあります。

復縁』で例えてみましょう。

あの時は好きだと言ってくれた
ずっと一緒って言ったじゃないか

と、過去に言われた事をいつまでも引きずり、『今もそうだ』思とい込み、真実に目を背けてしまう人がいます。

しかし、相手の気持ちが離れてしまったというのには何らかの原因があったから気持ちが冷めてしまったのです。

その重要なポイントに目を背けてしまっていては『復縁』出来る可能性が極めて低くなります。

少しでも自分にこの様な傾向があるのならば、くだらない ”思い込み” や ”プライドは捨てましょう。

そして、自分自身を見つめ直し、反省や改善をする事で相手との関係を修復できる糸口が見つかると思います。

本日は、【思い込みが激しい人】についてお話させて頂きました。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、この様なお悩みをお抱えの方に改善点やアドバイスさせて頂いております。

その他、復縁工作素行調査浮気調査・出会い工作・出会い工作・別れさせ工作、など様々なご相談を承っております。

お一人で悩まれず、お気軽に一度ご相談下さい。