思いや考えが合わないのに中々別れる事が出来ない人


付き合いを続けて行く中で、お互いの気持ちが分かり合えている方だと、お互いに優しくなれて関係性も上手く保たれます。

しかし付き合っているカップルが、全員そうだとは限らないのです。

会う度に些細な事で喧嘩になってしまい、楽しい時間が台無しになったり、LINEなどでやり取りしていても途中からおかしな方向へ行ってしまい、最後には喧嘩をしてしまうカップルっているんです。

どうしてそうなってしまうのか?

また、最終的にはどのような結果になってしまうのか?

別れさせ屋シークレットリサーチャーズによくあるご相談とは何かをお伝えしていきたいと思います。

■喧嘩ばかりしていても離れられない

毎回会う度やLINEなどでやり取りしていると、決まって最終的に喧嘩に発展してしまい、お互いに嫌な思いにしかなりません。

何度も『お互いに改善しよう』と話し合いをしますが、事有る事に喧嘩をしてしまいます。

こんなやり取りを繰り返していては、別れたいと思う気持ちが湧かない方がおかしいですよね?

本当は別れたい気持ちがあっても、中々別れる事が出来ないで思い悩んでいる居る方はいらっしゃいます。

では何故別れる事を決断出来ないでいるのでしょう?

■相手の事を思うなら別れを決断する事も優しさです

最終的に別れを決断出来ないのは、相手の事が好きだからこそ、最後まで踏み出せないのではないでしょうか?!

しかしそのような関係を続けていても、お互いに幸せになれる事はありません。

お互いに改善を試みて上手く行かないのであれば、根本的な性格の不一致であり、喧嘩の繰り返しの日々になるでしょう。

これでは幸せな日々を送る事は、お互いに不可能であります。

別れ話をしても、相手から『別れたくない』と必死の懇願に気持ちが負けてしまい、またズルズルと関係を続けたとしても、同じ事の繰り返しばかりで何も良い事はありません。

自分の事もそうですし、相手の事を思う気持ちがあるのならば、心を鬼にして別れの決断をすべきなのです。

しかしそれを相手が受け取ってくれなかったら…。

■依存度の高いに相手には別れさせ工作が必要です

喧嘩の繰り返しでも、相手は別れを決断しないのは、あなたに対して相当依存しているからではないでしょうか?

喧嘩をしてもあなたと一緒に居たいと思えるのは『あなた無しではダメだ』と言う事で、あなたに依存している訳です。

相手に別れを決断させるには、相手があなたに占めている依存度を下げて行き消し去る必要があります。

そうです!

相手の依存先をあなたから、他の人に変える必要があります。

別れさせ工作では、相手の依存先を変える工作を致します。

依存先を変える事により、あなたに対しての依存のウエイトは、新しい方向へ向いて行くのです。

そうする事によって、相手はあなたから気持ちが離れて行き、別れの言葉を受け入れてくれたり、相手か別れの言葉が出る事もあるでしょう。

一緒に居ても思いや考え方の合わない人と一緒に居ても、お互いに疲れるだけであり、何一つ得るモノはありません。

今後の幸せを真剣に考えるのであれば、別れさせ屋シークレットリサーチャーズに『別れさせ工作』を考えてみてはいかがでしょうか?

無料相談にて受け付けておりますので、今の思いをお聞かせ下さい。

参考ブログ

執着心の強い相手との別れる方法

別れさせ工作は新たな未来の扉を開きます!