復縁屋の復縁成功事例集

復縁屋シークレットリサーチャーズです。

復縁には人の数だけ様々な形があり、全く同じような事例はありません。

ただ同じ事をすれば、復縁が出来る事ではないのです。

復縁屋シークレットリサーチャーズが、今までご依頼をお受けした復縁成功事例をご紹介致します。

依頼者様の現状に近いものがございましたら、1つ参考にしてみて下さい。

復縁工作の成功事例のご紹介

復縁屋シークレットリサーチャーズで行った、過去の復縁成功事例をご紹介させて頂きます。

各復縁成功事例はプライバシー保護の為、若干の修正を行っておりますのでご了承下さい。

復縁成功事例その①

30代男性 ケンカが原因で奥様が実家へ家出!

A様(以下依頼者様)は結婚7年目で、6歳になるお子様がいるのですが、奥様(以下対象者)に離婚を突きつけられて、何とか離婚を回避を模索していたのですが、このままでは離婚を回避出来ないと思い、復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談を頂きました。

離婚問題については、一般的には弁護士に依頼をして相談する事が多いのですが、ここ最近の傾向としましては、復縁屋に相談をするケースが増えております。

弁護士は夫婦間のトラブルに関しまして、離婚までに発展しそうな場合、一度別居などを提案しお互いに冷却期間を持ってから、関係修復に向けて話し合いの場を設けるか、関係が悪化しているケースに関しては、一度離婚をして、その後にまた改めて復縁させると言ったちょっと理解に苦しむアドバイスをする、弁護士や離婚カウンセラーも存在すると言われております。

一度離れてしまったら復縁の可能性も一段と難しくなりますし、そのような状況を避ける為依頼者様は復縁屋に依頼するケースが増えているのです。

復縁屋シークレットリサーチャーズは、離婚問題に関しまして専門アドバイザーがアドバイスをしておりますが、法律的な事に関しまして弁護士ではないので、法律的な問題を解決を致しておりません。

しかし離婚問題はとてもデリケートな問題で、迅速な対応が求められる事ですので、電話相談で復縁したいと切実な思いを受けましたので、依頼者様と早急に面談する事になりました。

依頼者様は飲食店勤務で、人当たりがよく仕事が終ってから、同僚や飲食店の依頼者様と飲みに行く事が多かったようです。

しかし、元々お酒が好きな事から深酒をして酔っぱらって家へ帰ったり、飲んではそのまま家に帰らない事もしばしばあったのです。

当然の結果として、依頼者様と対象者それとお子様との時間も無くなり、コミュニケーションが取れなくなっていったのです。

そんな生活を送るにつれ、依頼者様と対象者との間でケンカが絶えなくなり、今回の離婚話まで発展して行く事になったのです。

そこで依頼者様との面談では、2人の出会いから結婚生活や、今回離婚話に至ったまでの経緯を詳しくお聞きし、出来る限りの情報を仰って頂く事で、今後対象者との復縁が可能なのか分析したのです。

今回の離婚話の原因が、依頼者様の度重なる飲酒が原因ではありますが、それの一つだけが原因なのかは依頼者様からの情報だけでは、裏付けもなく計り知る事は出来ません。

通常復縁工作を行う前に、依頼者様から頂いた情報を基に、対象者に対して復縁調査を行います。

依頼者様から頂く情報と言うのは、依頼者様の目線から見えている一面からしかの情報しか知る事が出来ないのです。

一面からしか見えていない情報だけで復縁工作を行う事は大変危険で、人と言うのはあらゆる顔を持ち合わせている事もあるのです。

復縁調査は、対象者の生活パターンから交友関係、又は異性関係までも調べ上げる事を致します。

今回の復縁調査は3週間の時間を設けた結果、実家での父親とお子様との生活や友人たちとのランチや、休日はお子様を交えて友人との外出だけで、依頼者様以外の異性の影は見えて来ませんでした。

調査結果としましては、依頼者様からお聞きしていた対象者の性格や人物像もほぼそのままで、やはり離婚話が出た原因は依頼者様の度重なる飲酒と判断したのです。

飲酒や生活のすれ違いであれば、依頼者様自身の自己改善が先決となります。

依頼者様が本当に対象者やお子様との復縁を本気で考えているのであれば、仕事終わりの飲酒を控え家族との時間を作るよう努力してもらわなければ、復縁の可能性は低くなってしまします。

もちろん依頼者様本人の了承を得て、自己改善に弊社アドバイザーと共に一緒に取り組んで頂き、同時に復縁工作を進めて行き、対象者に復縁工作員を接触させて、現在の対象者の本音を探ると言う方法を取る事にしました。

復縁工作員は復縁工作を対象者に対して絶対バレてはいけない事が第一条件ですから、対象者に接触するには慎重に慎重を重ね、不自然にならぬ様自然の出会ったように仕向けます。

今回のように依頼者様に原因がある場合は、対象者に対して人為的にアレコレ工作をするのではなく、家庭や育児に関して愚痴を聞いてあげる事で、ストレスを発散させアドバイスをする事によって対象者の依頼者様に対しての本音を聞き出し、復縁に向けて行く手法が適切であると判断しました。

対象者のよく行く場所で自然に接触するのですが、1回目で全てを聞き出せたり出来る関係を作れる事は出来ませんので、何度か偶然を装い顔を合わせ話を重ねる事によって、対象者の警戒心も解け自然と会えば対象者から話し掛けてくる関係が出来上がって行くのです。

この時に接触させる復縁工作員をどのようなタイプにするかが難しい所ではありますが、今回の工作員に関しまして、対象者のお母様が早くに亡くなっている事から、母親と同じ年代位の女性工作員を当てる事にしました。

接触を重ねる事によって、警戒心が解け母親に愚痴をこぼすかのように、色々と対象者は工作員に話をしてくれるのです。

関係が深まれば親子のような会話になり、工作員は家庭の大切さやお子様に対して成長して行く上で、父親の存在の大切さを語りかけて行くのです。

母親のような年代の人との繋がりが薄い分、対象者は工作員の話をよく聞き、少しづつ依頼者様との復縁を視野に入れ考え出して行くのです。

この間に依頼者様は全力で自己改善に努めて頂き、依頼者様自身が変わって頂かなくてはいけないのです。

いくら工作員の話に耳を傾け、対象者が復縁に向けて心が動き出したとしても、現実問題依頼者様が何も変わっていなければ、復縁は難しのですから。

自己改善の間は、依頼者様から対象者にこまめに連絡を取って頂く事をしました。

本来自己改善中や復縁工作の間は、連絡を直接取って頂く事を控えて頂く事が多いのですが、今回は仕事が終わったら真っ直ぐ家に帰り、お酒を飲まず生活を改めている事をわかってもらうよう報告していたのです。

この間のやり取りは一方的に依頼者様からの報告で、対象者からは返事はありませんでした。

依頼者様も返信が無い事に不安を感じたり、苛立ちを隠せなかったのですが、ちゃんと工作員が対象者から依頼者様の連絡がある事を話していてちゃんと見ていると言う事で、自己改善に努めて行ったのです。

対象者も最初の内は工作員に対して『旦那がこのように生活を改めているの最初だけ!少しすれば以前のようにお酒を飲み歩く生活になる』と愚痴をこばしていたのですが、依頼者様の飲み歩かない生活が2カ月ほど経ちますと対象者の方も心境の変化が出て来て、まず話し合いの場を設ける事になったのです。

話し合いの場においては、まず依頼者様が今までの事を素直にお詫びをし、今後の事や家庭の事そしてお子様の事について真剣に話をして、また関係構築を願い出たのです。

もちろん1回だけの話し合いで結果は出る事はありませんが複数回話し合いを設ける事にして、その話し合が終わる度に対象者から工作員の元にアドバイスを求めて来る事になっていたのです。

ここで工作員は依頼者様との復縁に向けて、言葉を選びながら依頼者様に話の方向性を誘導して行くのです。

その時にタイミングよく依頼者様の職場での立場も変わり、お酒を飲む環境から移動する事も重なり、自己改善もより一層進んで行ったのです。

その後複数回復縁に向けて話し合いを進めて行き、数を重ねる事により、対象者の気持ちも復縁の向けて心が決まり、依頼から約3か月半後に対象者とお子様が依頼者様が待つ家に帰って行ったのです。

その後も数回対象者と工作員はやり取りをして関係構築が出来たと確認が出来たタイミングで、フェイドアウトをしたのです。

その間対象者から工作員に対して『復縁に向けて勇気をくれてありがとう』との言葉を何度も頂いたそうです。

このようなケースでは、依頼者様の自己改善と共に工作員からの働きかけの結果で復縁が成功したと言えましょう。

復縁成功事例その②

20代女性 交際相手に他の女性が出来別れてしまった

B様(以後依頼者様)は学生時代より付き合っていた同年齢の男性(以後対象者)と3年程交際をしていましたが、突然『他に好きな人が出来た』と言われ、ちゃんと話し合う事が出来ずに、依頼者様の元から去って行ったのです。

どうしても納得が出来ないのと、対象者の事が諦められない復縁したいと、復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談を頂いたのです。

弊社へご相談頂いた時に、依頼者様の対象者に対して熱い想いと共に涙ながら語る姿に『復縁したい』と強い意志が感じ取れ、面談にて詳しい事情をお聞きして復縁までのプロセスをあらかた立てるのですが、別れの原因となった『他に好きな人が出来た』が今回の復縁のポイントとなりそうです。

復縁工作へ取り掛かる前に復縁調査を行い、対象者の情報を集め精査する事から開始します。

対象者の状況を知らなければ、今後の復縁工作の方針も定まりません。

事前の復縁調査の重要性を依頼者様にご理解して頂き、下記の内容をお聞き致します。

・対象者の行動パターン
・性格や人柄
・趣味や嗜好
・交友関係
・過去のLINE・メールのやり取り

等と復縁したい対象者の事を詳しくお聞きし、分析させて頂きます。

依頼者様この時に過去を思い出す事によって、様々な感情がよみがえり、辛い状況になる事もありますが、良かった事も辛かった事も思い出して頂く事になります。

やはり過去を思い出して時に、あまりの辛さから涙を流される方も多い事から、面談時は弊社カウンセラールームを使用して頂くか、出張面談に関しましてはカラオケボックス等、第三者の目が気にならない場所で面談をさせて頂き、胸の内を仰って頂きます。

今回の依頼者様のは、別れを告げられた2ヶ月前から遡って頂き、対象者の変化や出会いのキッカケや交際中の経過等の詳細をお伺いする事になりました。

交際中の普段の対象者は、優しく頼りがいのある素敵な男性だったようですが、些細なケンカをした時には『前付き合っていた彼女はこうだった』・『女性とはこうあるべきだ』と、以前付き合っていた彼女と比べたり、自分が思う理想の女性像を押し付けていたみたいです。

そして開示して頂いた、LINEやメールなどの内容や連絡頻度を分析し、依頼者様からの申告して頂いた、対象者の行動パターンと照らし合わせながら、対象者の心理状態を探る事を試みたのです。

依頼者様とのカウンセリングで対象者に関して、お付き合いをしている時にはとくに他の女性の影は感じる事は出来なかったとの事でしたが、別れを告げられる1か月前くらいから、対象者の様子がよそよそしくなったり、少し気持ちが冷めているのではと感じ取った時はあったそうです。

ラインやメールからも、別れを告げられた1か月頃から、対象者が依頼者様に対して気持ちが離れて行っているのが読み取れる内容でした。

依頼者様も少しは感じ取ってはいたようですが、別れに至るまでとは考えも及ばなかったし、この先時期が来たら結婚もすると対象者から言われていた事から、そこまで深刻には捉えていなかったようです。

しかし今までのラインやメールやり取りから推測しますと、対象者の依頼者様に気持ちが離れた時期に『好きな人が出来た』と言われた人との出会いがあり、ある程度の仲が深まったタイミングで別れを告げられたと見る事が出来ます。

面談の結果ある程度の予測が出来た事から、復縁調査に移行して面談結果と照らし合わせ、今後の復縁工作プランを構築して行く事になりました。

約2週間の復縁調査で得た情報と事実としましては、依頼者様からの行動パターンとは若干異なる部分もありましたが、大まかの所は一致しましたが、別れの原因となりました『他に好きな人が出来た』と思われる新たな女性(以下を第2対象者)の存在が確認出来ました。

復縁調査中は、依頼者様には自分自身が至らなかった点などを考えてもらい、今後復縁するにあたって自己改善をして頂く事になりました。

依頼者様から自己改善が必要な点をご自身で上げてもらった内容は『わがまま』だった事ありましたが、対象者とのやり取りを分析をしていても、わがままな点は一切見受けられなく、逆にあまり自分からモノを言うタイプとして見えたのです。

対象者のタイプは『優しくて頼りがいのある素敵な男性』との事から、依頼者様は一歩下がって対象者に任せていたように見受けられます。

そして対象者がよく言っていた理想の女性像とは『自分の意見を持った女性』だった事から、依頼者様には自分の意見が言えるようになってもらう事を自己改善目標として取り組んで頂く事になりました。

依頼者様の性格上、ズバズバ自分の意見を言うタイプではないので、少しでも言えるように努力してもらい、徐々に成長して頂く事に期待をしました。

復縁調査での新たな女性の存在は、もちろん依頼者様にはしっかり伝え意思確認は致しました。

ある程度わかっていた状況でしたが、依頼者様の動揺は隠しきれない様子でしたが、そこは気丈に『復縁をさせて下さい』としっかりした答えを言って頂きましたので復縁工作の準備に取り掛かる事になりました。

今回のように『新たな存在』がされた時、今回みたいに『復縁したい』ハッキリ言われる方は多いのですが、中には『新たな存在』がハッキリ確認出来たと同時に復縁の気持ちが切れてしまって断念したり、感情が爆発して暴走したりする方がいらっしゃいます。

もちろん復縁する・しないは依頼者様のお気持ち1つです。

しかし感情に任せて暴走をする事はいけません!

暴走する事によって、対象者や第2対象者などと余計な争い事に発展したり、恨みをかってしまったりするからです。

復縁とは『諦めないで復縁をする』か『諦めて新たな道を進む』かなのです。

対象者の調査と並行して、新たな第2対象者に対しても調査を行います。

まず2人が会う頻度や場所、どの位の関係性が有るのか、会話の内容などから判断しますと、まだ男女の交際に発展までは行ってないようでしたが、肉体関係だけは有るようです…。

第2対象者に対して身辺調査を進めて行く内に、第2対象者の様々な一面の判明してきました。

実は第2対象者は他に付き合っている男性が居て、そちらが本命だとわかったのです。

しかし対象者と他の男性は友人同士なのです…。

と言う事は第2対象者は浮気をしており、その浮気相手が彼氏の友人となります。

その結果を依頼者様に報告し、本格的に復縁工作を始める事になりました。

同時に対象者に対して復縁工作を行い、その一方で第2対象者に対しては対象者との別れさせ工作を、並行して行う事になったのです。

まず対象者は社交的な正確な為、飲食店で何度か顔を合わせ、お酒を飲んでの交流をスタートさせました。

一方の第2対象者に関しましては、直接工作員を接触させる方法ではなく、第2対象者の友人などを取り込む形で周りから対象者との交際を非難させる方法を取る事にしました。

直接第2対象者に接触をしないのは、別れさせ工作をした結果、対象者との別れを選択しないで本命と別れを選ぶ恐れもありましたし、本命の彼氏にそれとなく対象者との交際を発覚させるのも、本命と別れを選択するかも知れませんし、対象者と友人関係にある事から、本命には浮気の事実がわからないようにする事を選択したのです。

復縁工作にしても別れさせ工作にしても、こちら側の判断を誤れば全てがパーになってしまし、ご依頼の復縁などを成功に導く事は出来ないのです。

第2対象者に行った別れさせ工作は友人達からの非難が効果的だったようで、あっさりとの関係を終わらせる事に成功したのです。

さて、ここからが本当に難しい所であって、対象者が第2対象者との関係が終わったからと言って、依頼者様の元に帰って来る保証はないのです。

そこはプロの復縁屋としての腕の見せ所であって、復縁工作員も俄然力が試される時でありますので、本領発揮となる訳です。

対象者は第2対象者との関係が切れた事に対して、かなりショックを受けていたようですが、復縁工作員との交流の中でこのように語りました。

依頼者様との関係が元に戻れれば戻りたい…・
別れ方をしたのでどうにもならない…』と言うのではないですか。

こうなれば後一押しまで来たので、この事を依頼者様に伝えた所『私から復縁の願い出を言うのではなく、対象者からちゃんとした復縁の申し出が欲しい』と願うのです。

依頼者様がちゃんと自分の意見を言うようになったのです。

復縁工作中も中々自分の意見を口にする事が無かったのですが、ここに来て自己改善の結果が表れてきた事に、私共も喜びそれなら対象者から復縁の申し出をするように仕向ける事になりました。

復縁工作員が何度か復縁を仕向けてみたのですが、このような時って女性より男性の方が臆病になるのです。

工作員が粘り強く復縁に向け誘導をし、約1カ月半後にようやく対象者は自分から復縁の願い出を決心したのです。

後の結果は皆様がわかる通り、元の鞘に戻る事になりました。

今では関係が修復され、仲良く恋愛を楽しんでいるとの事ですが、自己改善の成果と申しましょうか対象者の弱みと申しましょうか、以前交際していた時との関係性が逆転し、依頼者様がハッキリモノを言い主導権を握られたとの事でした。

このような様々な復縁成功事例があります。

もちろん全ての復縁が成功をする保証は御座いませんが、諦めない強い気持ちが大切であって、相手を想う心が大切なのです。

もし今復縁したいと思っていても、挫けそうだと思いの方は1度復縁屋シークレットリサーチャーズに、ご相談してみては如何でしょう?

1人では難しい復縁でも、復縁のプロに手を借りる事により、今より復縁の可能背がアップする事は間違いありません。

お気軽に無料相談窓口まで、お問い合わせ下さい!