復縁するのに相手に間違ったメールやラインをしてませんか?


復縁を考えた時に復縁したい相手に、どのように気持ちを伝えようと考えていますか?

直接会ったり、電話だったりまたはメールやラインを使って、文章で想いを伝える事は出来ますね。

復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談に訪れた方などにお聞きしますと、割合的に文章で復縁したい想いを相手に伝えられた方が多いみたいです。

相手に伝えられた方と言いましたのは、復縁屋にご相談頂く前にご自身で復縁の申し出をして上手く行かなかった方達です。

今回のこのブログでは、メールやラインで送って復縁が上手く行かなかった例などを、ご紹介したいと思います。

言葉と文章の違い

直接相手に向かって復縁したいと相手に想いを伝えるのと、メールやラインで想いを伝える違いって何だと思いますか?

例えば同じ状況下で、直接復縁の気持ちを声に出すのと、文字として送った場合の復縁確率に違いが有るのです。

直接会ったりして想いを伝える事で、自分の気持ちを正直に話す事が出来たり、その場の雰囲気を作れる事が出来たりします。

何度も文章を見返す事によって、言葉の新鮮さを失って気持ちが冷めてしまったりする事もありますし、作られた言葉に対して冷ややかな感情さえ持ったりします。

では、素直な思いを文章にして送る事が良いのか?

そこは難しい所なんですね。

直接会って想いを伝えた同じ言葉を文章にして送ったとしても、文字で受け取るとまた違った感じになります。

文字にした方が相手に想いが伝わり易そうで、実はそうでもないんです。

一番無難な形は、一度素直に文章を作成し一度だけ見直し修正する事ですね。

何度も修正してしまいますと、あれもこれもになってしまい、最初の文章と全然違くなってしまう事もありますから。

自分の願望や要望だらけの内容

復縁のご相談にいらっしゃった方達に、メールやラインの内容を見させて頂く事があります。

その時に送った復縁願の内容のほとんどが、復縁したい相手の事を無視した内容で、自分の願望や相手に対しての要望なのです。

例えばこのような内容です。

・また○○に一緒に行こうね
・お願いだから××してよ
・私のここが悪かったけど、あなたのここも悪かったよ
・私の気持ちが何でわからないの?

上記の2つは復縁した後での話であって、復縁をしていない時に言うようなセリフではありません。

相手があなたに対して復縁する気持ちもなく、このような事を言われても『はぁ~?』って思いますよね。

下記2つに対しても、これはあなたが相手に対しての要望なのですが、こちらもあなたが復縁をお願いしている立場で発する言葉ではなく、受け取った方としては意味のわからない事でしょう。

自分で何とか復縁をしようと相手に自分の思いを伝えよと試みても、相手の事を考えた文章ではなく、自分の要求や願望を送る方が非常に多いと思います。

あなたと復縁したい』と相手に感じてもらわなければいけません。

その為にも、まだ相手に復縁の気持ちが芽生えていない時に、相手の気持ちを無視した内容を送るのはやめましょう。

本当に復縁したいと思いなら、相手の気持ちに配慮した文章を考えて下さいね。

復縁屋シークレットリサーチャーズは、復縁に関するお悩みを解決致します。

ご不明な点などありましたら、無料相談窓口までお問い合わせ下さい。

シークレットリサーチャーズホームページ

復縁工作に関するページ

別れさせ工作に関するページ

浮気調査に関するページ

素行調査に関するページ

※おすそわけマーケット ツクツクお得なメルマガ登録はこちらから!
↓↓↓
おすそわけマーケット ツクツク