復縁して掴める幸せと掴めない幸せ


復縁したい相手ともし…復縁が出来たとしたら、幸せになれると思っているから、復縁を願うのだと思います。

復縁する前から幸せになれないとわかっているならば、復縁なんてしないでしょう。

1回または2回付き合った事がある相手との復縁を考えるって事は、以前の印象・相性が自分には合っていたからでしょう。

当時付き合っていた時に嫌な思いや嫌な出来事しかなかったら、敢えて自分から復縁を望む事はありません。

しかしながら相手の気持ちはどうでしょうか?

あなたがまだ好きと思っていても、その思いが必ずしも一致する訳ではなく、全く反対の思いを抱いている事が多いのです。

一緒に居る時は幸せだったと思う事もあったはずです。

その幸せがずっと続いていたのであれば、別れる理由になんかありません。

何らかしらの別れる理由があったからこそ、別れてしまったのです。

復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂くお客様の中で、別れた経緯はどうでもよくて『ただ復縁したい』との思いをおっしゃる方がいます。

ただ復縁したいから復縁工作をしたところで、その先に幸せが待っている事はありません。

よく復縁のご相談に来られる方の考えが、

・復縁したい+復縁工作=復縁成功…ではなく、・復縁したい+復縁工作+自己改善=復縁成功となって行くのです。

何度も復縁を成功させる為には『自己改善』の必要性を何度もブログでお話をしております。

何度も自己改善についてお話をすると言う事は、それだけ復縁成功に対して絶対不可欠なものとなっております。

復縁工作だけではどうしても乗り越えられない、最後の復縁の壁があります。

自己改善を続ける事によって、少しずつでも変わっていく自分を感じ取れるようになれば、そこから一気に改善点も解消されていく事でしょう。

復縁工作を最終的に成功に導いていくのは、別れてしまった改善点をどれだけ改善し、プラス要素を生み出せるかが最終のキーポイントとなってきます。

自己改善が出来るか・出来ないか』で、その先に復縁に成功があったとしても、『幸せになれるか』または『幸せになれないか』の違いは自己改善次第なのです。

自分で自己改善点がわからない、自分でも自己改善点はわかっているけれども、何をしていいのかわからない方は、復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談下さい。

一緒になってお客様のお悩みを解決していきます!