復縁したい相手からストーカー扱いされてます…


復縁屋シークレットリサーチャーズに先日、このようなご相談がありました。

以前付き合ていた彼女と復縁をしたいのですが、こちらから再度やり直してくれと復縁を迫っているのですが、彼女にストーカー扱いをされて困っています』との内容でした。

何故ストーカー扱いされているのか、詳しくお聞きしてみますと『毎日ラインで復縁のお願いを何度も送っていてブロックをされ、携帯も着信拒否をされていたので、家に復縁のお願いの手紙を送りました。しかし彼女はその事を警察に相談してしまい、私は警察から色々と話を聞かれて今後彼女にアプローチをしないように言われたのです』と言うのです。

ここ数年の傾向としまして、このような『ストーカー扱い』をされてしまったと言う、ご相談内容が多数お受けする事があります。

では何故、このようなご相談内容が多くなってきたのか、お話をしたいと思います。

何故ストーカー扱いされてしまうのか?

まずそもそもストーカーとは何なのか?

『stalking=ストーキング』日本語に訳しますと『つきまいと』となり、そこから派生した言葉として『stalker=ストーカー』となった訳です。

このような『つきまとい行為』と言うのは、ストーカーと言われる言葉が多くの方が認知される前からあった行為で、何かつきまとい行為で困った事があっても基本的に『民事不介入』と言う事で取り締まりの対象ではありませんでしたが、平成11年に起きた『桶川ストーカー殺人事件』を機に、平成12年に『ストーカー規制法』が制定され、これにより伴い、地方公共団体でもストーカー行為による『迷惑防止条例』が制定された例もあります。

これによりストーカー行為(つきまとい行為)対する取り締まりが本格的に始動し、多くのストーカー規制法に抵触する事案に対しては、厳しく取り締まれているのですが、『ストーカー規制法』が制定された後でも、ストーカー行為による事件は数多く発生しております。

大きな事件に発展しなくとも、ストーカー行為は今でも多くの事案は発生しておりますが、全てを取り締まる事が出来ないのも現状です。

そもそもストーカーと言われる行為をしている当事者は、自分がストーカー行為をしているとの認識はないのです。

好きな人に対して、アピールをする事が悪いのか?』が根本な思いにあります。

そのアピールの仕方が相手に取って受け入られない内容である事に気が付けられなく『相手は自分の気持ちを分かってくれない。そうだ!他の方法に切り替えてアプローチしてみよう!』となり、段々と気持ちを伝える行為がエスカレートして行くのです。

しかし、自分自身の中では当たり前の行為であって、好きな相手・復縁したい相手が迷惑をしていたり、恐怖を抱いている事に気が付かないのです。

ストーカー扱いされない為にも!

復縁したい相手にストーカー扱いをされてしまったら、今後その相手と復縁が出来る確率は極めて低くなってしまい、復縁は困難となってしまうでしょう。

復縁したい相手が、復縁の意思を見せないからと言って強引に攻めても、関係は悪化して行くだけです。

物事を強引に進めても必ずしも、良い結果が生まれる訳ではありません。

復縁=以前にお付き合いをしていた相手になりますが、ではなぜその相手と別れてしまったかを理解をする必要があります。

その理由さえ気付かなければ、復縁を望む事は無謀な事であり、別れた理由が自分に有った場合にその根本的な理由が改善していなければ、復縁したい相手に気持ちは届く事はないでしょう。

マイナス要因を取り除く事が、復縁までの近道で有りますが、マイナス要因を取り除くだけがでは復縁は難しいのです。

マイナス要因を取り除きながら、離れてしまった相手との距離も縮めて行かくなくてはなりません。

1人では難しい復縁でも、復縁屋の力を借りる事によって、より一層復縁までの道のりを縮める事が出来るだけでなく、あなたをストーカーと言うレッテルから守れる事も出来ます。

復縁したい相手から、ストーカー扱いされる前に、一度復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談下さい。

一度ストーカー扱いをされてしまいますと、その汚名を返上する事は困難です!