復縁したい気持ちは分かりますが…


復縁したい』と数多くのご相談を頂く中で、皆様がどれだけ切実に復縁したいと願っているのかは、よくわかります。

相手の事が好きだったのに、些細なキッカケで別れに至ってしまう事って結構あるんですよね。

別れを告げられても、どうしても相手の事が忘れられなくて、思い続けて苦しい気持ちをどうにかしようと考え、相手と復縁すればこの辛い状況から抜け出せられると思う訳です。

しかし、復縁したいと思いっているのはご相談やご依頼を頂いているお客様のお考えであって、復縁したいと思っている相手は果たして同じ考えなのでしょうか…?

結論から申し上げますと、復縁したいと思っている相手はあなたと『復縁をしたい』思ってはいません。

相手があなたと復縁したいと考えているのなら、何らかしらのアプローチを掛けてきたリ、人づてに復縁したいと耳に入るでしょう。

その様な様子が無いから、皆様悩まれている訳です。

復縁と言っても人それぞれ別れた背景が異なりますので、今抱えている復縁の難易度も人それぞれです。

お互いの誤解が招えた別れならば、誤解を解く事によって復縁は可能ですが、そうでない場合は復縁までの可能性は断然高いと言わざるを得ないでしょう。

別れた原因は何なのか?それをご自身でちゃんと判断出来ているか?

相手の気持ちになってちゃんと自己分析は出来る人と、そうでない人では復縁出来る確率も、かなりの開きがあります。

復縁したいと思う気持ちだけが大きくなり過ぎて、現状を見れていない復縁が一番成功率を下げてしまいます。

復縁屋シークレットリサーチャーズ復縁工作だけで、復縁が成功する事は正直稀であって、ご依頼頂いたお客様の協力と、前回の交際で至らなかった点の自己改善が出来るかどうかに掛かっているのです。

以前とは違う自分を相手に見てもらう事よって相手の気持ちも変わり、新たなあなたを好きになってもらうのです。

復縁工作だけでは補えない部分は、お客様の変わりようなのです。

復縁したい気持ちを強く持つ事は良い事なのですが、肝心な部分を忘れていては復縁を成し遂げる事は難しい事は、肝に銘じて置いて下さい。