復縁したい人と歳の差を感じています…。


世の中何も、付き合う方の年齢が歳の近い人ばかりではありません。

5歳くらいの歳の差なんて特に驚く事もなく、一回り差(12歳差)くらいのカップルも多くいらっしゃいますし、中には二回り差(24歳差)のカップルも見受けられます。

しかしながら、年齢差からくる弊害もあるのです。

付き合う当初から年齢差は覚悟をしていたとは言え『話が合わない・話題が噛み合わない(カルチャーギャップ』・『子ども扱いされたり・年上扱いされたり(ジェネレーションギャップ)』を感じたりと、中々上手く行かない事もあります。

年齢差を感じながらお互いにストレスを溜めてしまって、別れてしまう事が一番多い原因なのです。

妹(弟)姉(兄)としか見れない』・『父(母)子供としか見れない)』と言われてしまった方は、とても悲しいですよね。

それでも、相手の事が好きで復縁を望む訳ですから、余程の覚悟が必要となってきます。

年齢差を感じ別れを告げられたならば、復縁するためにはどうすれば良いのか考えなくてはいけませんね!

それは復縁工作を前提として、復縁に向けての自己改善です!

相手があなたに年齢差を感じ別れたのなら、その年齢差を埋める改善をしなくてはいけません。

復縁したい相手が年上であれ年下であれ、相手の年齢層の話題や趣味・ファッションなど意識する必要はあります。

一緒にいて様々な話題を共有出来る事は、とても大切な事です。

この人となら色々な話題が共有出来て、一緒に居て楽しい!』と感じさせてあげる事です。

話題を相手から振られても『そんなの知らない』・『いつの頃の話なの?』など、相手に年齢差を感じさせる対応はしてはいけません。

また趣味やファッションに対しても、相手に年齢差を感じさせる発言や否定的な意見はやめましょう!

年齢差で別れてしまった場合の自己改善とは、復縁したい相手にどれだけ近づいてあげるかが、復縁のポイントになります。

また同時に復縁工作でも、復縁したい相手に接触した時に様々な情報を聞き出し、心理的誘導する際に年齢差に関して問題ない事を叩き込み、依頼者の魅力を植え付けていく作業をして行きます。

歳の差があるからこそ、同年代にはない魅力を兼ね備えていたりします。

折角出会えた縁ですから、復縁屋シークレットリサーチャーズ復縁工作で、1度離れてしまった縁を取り戻してみてはいかがでしょうか?