婚約破棄からに復縁


あなたは幸せの絶頂から絶望のどん底へ転落したことはありますか?

婚約破棄』とはまさしく幸せの絶頂から絶望のどん底へ転落する出来事だと、言えるでしょう。

生涯の約束を交わした関係から一転、赤の他人へ……

誰しも約束を破られた経験はあるでしょう。

しかし、婚約破棄のように一生がかかった約束に関しては、『約束破られちゃった』では済む問題ではありません。

だからこそ、別れを撤回してもらいたくて焦ってしまうもの…焦ってしまう気持ちは重々わかります。

しかし、復縁したいのであれば間違った行動となります。

復縁にはお互い冷静に考える期間が必要です。これは俗に『冷却期間』といいます。

基本的には、カップルの別れには『嫌いになった』『付き合いたくなくなった』といった、ネガティブな気持ちが男女どちらか・もしくは両方に存在します。

ネガティブな気持ちを持った異性にいくら正しいアプローチを行っても、強引にアプローチをしても、恋愛感情をふたたび芽生えさせることはとても難しいです。

そのため、相手に恋愛感情が芽生える余地ができるまで、こちらからの行動を控える必要が出てきます。

冷却期間を持つことで過去の失敗に気付き、真の意味で反省できるのです。

よく復縁には『冷却期間』が必要だと言われていますが、婚約破棄の場合でも同様、復縁を目指すのであれば必要な期間になってきます。

婚約とは文字通り結婚を約束した関係です。結婚とは本人たちだけではなく、家と家の繋がりな訳です。

当然、お互いの家族へ婚約の報告をするでしょうし、人によっては結納を済ませている人もいます。

こういった形式を踏んだ後に軽い撤回はなかなか出来ないものです。

紹介した様々の人たちにどういった経緯で婚約が無くなってしまったのかを説明する必要も出てきます。

このような決して幸せとは言えない報告をするのは、誰もが気が引けてしまいますよね。

そんな時期に『別れたくない』・『復縁したい』とアピールしても、相手を困らせてしまうだけになってしまいます。

更に、婚約破棄になってしまった原因があなたにあった場合、この時期に復縁を求めるてしまうと、『全く反省してないな』・『こんな時期に何を言っているんだ』と、余計に相手を怒らせてしまい、余計に関係をこじらせる原因になりかねません。

そのためにも、しっかりと冷却期間を置くことをお勧めします。

しかし、冷却期間相手からの連絡をただ待ち続けても何も変化はないでしょう。

復縁したいのであれば冷却期間の間に以下の事を試してみましょう。

冷却期間中、周りを固める時間にする

最初にお話ししたように、婚約とは当人同士だけではなく第三者も絡んでいます。

そのため周囲を味方につけ、協力してもらえれば復縁にとって有効的なものになります。

・今でも健気に相手を思っている事を匂わせる
・相手のことを絶対に悪者にしない
・自分がいかに愚かだったか、今は本当に反省し後悔していることを伝える

このような行動で外堀を埋めていきましょう。

少し卑怯な方法にも感じますが、とても効果的な駆け引きの一つとしています。

そして、何よりも大切な事はどうして婚約破棄にまで至ってしまったのか、その原因を考える事が大切です。

そして、反省し自己改善へつなげる事が復縁への第一歩となります。

そういった意味でも冷却期間は大切な期間だと言えます。

婚約破棄からの復縁は、普通のカップルと比べるとハードルが高いように感じます。

しかし、普通のカップルよりも深い関係にあったからこそ婚約にまで至ったのです。

諦めずに真剣に相手に想いが伝われば可能性はゼロではないのです。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、復縁に関するご相談を多数いただいております。

それぞれの相談内容に合わせたプランでの復縁工作をご提案していきます。

それにより、婚約破棄から無事復縁されたご相談者様もたくさんいらっしゃいます。

復縁は自分ひとりで解決するよりも誰かのサポートを借りた方がより有効的です。

現在、お悩みの方は一度無料相談窓口までお問い合わせください。

参考ブログ

妊娠した事を知った相手の対応の違い

一度離婚した相手との復縁