夫婦喧嘩すらしない仮面夫婦の実態


夫婦でありながらお互いの、もしくは片方の愛情がないのに仲の良い夫婦を演じる仮面夫婦――じつは意外と多いそうです。

円満を装っているからこそ周囲に助けを求めづらく、本人だけで抱え込んでしまいがちなこの問題…きっかけは夫婦によって様々です。

今回はそんな仮面夫婦についてお話ししていきたいと思います。

そもそも、夫婦としてのつながりが破たんしている仮面夫婦は、どちらかもしくは両方が不倫をしていることも珍しくありません。

家庭では寝室は別、スキンシップももちろん皆無なので、セックスの相手などは『外で作る』ことになります。

普通の夫婦なら、配偶者以外と関係を持ってしまった場合は罪悪感を覚えて隠そうとします。

不倫はあくまでも夫婦としてやってはいけないという常識があります。

しかし、仮面夫婦の場合は、お互いに愛情がないので隠そうという気持ちがない人もいます。もとより罪悪感を持つこともありません。

妻側の意見では外で処理してくれた方が気が楽と考える女性も多く見られるようです。

しかし、結婚当初からこのような関係だったかというと、そうではありません。

仮面夫婦になってしまったのには ”きっかけ があるのです。

では、どのようなきっかけで仮面夫婦になってしまうのでしょうか?

■①価値観が合わない

例えば…

家事の分担でいつも揉めてしまう。
どちらかが育児に協力的でない。
生活態度に不満がある

など、配偶者との価値観が合わないなと感じると、そこに溝が生じます。

違う人間同士、不平や不満がないまま暮らす、ということは難しいでしょう。

ですが、何かあればお互いが向き合い、話し合うことで意思の疎通をはかるのが夫婦です。

それを面倒だから』・『どうせわかってもらえないしと放棄してしまうことで、どんどんお互いに関心を失っていきます。

我慢の積み重ねが仮面夫婦のきっかけとなるようです。

話さない、気持ちを打ち明けないことで、理解する機会を失ってしまうのですね。

■②どちらかの浮気・不倫が発覚

パートナーの浮気がきっかけで信じていたのに裏切られた』・『騙されたという気持ちが膨らみ、それ以降パートナーへの愛が失われてしまったというケースもあります。

結婚した以上は一緒に暮らすが、妻と夫の関係は解消しようという考えに至り、死ぬまで仮面夫婦を貫き通すことを決断した夫婦もいます。

■③産後クライシス

仮面夫婦に陥りやすいもう一つの原因として産後クライシスという言葉があげられます。

これは出産後に子供の育児が第一になってしまい夫婦同士の時間をとることが難しくなってしまう問題を表す言葉です。

出産が原因で夫婦間の絆が崩れてしまう事例は非常に多く、子供は産みたいけれど夫婦の関係も大切にしたいという夫婦のなかでのジレンマにもなっています。

このようなきっかけから仮面夫婦になってしまった夫婦が多いようです。

仮面夫婦になりたくて結婚した人なんていません。

お互いにきちんと理解し合うことで回避出来る内容もありますが、浮気や不倫がきっかけで愛情が冷めてしまったケースもあるようです。

仮面夫婦を続ける理由として子育てや経済的な理由が主にあります。

また離婚を選択した時に起こる裁判や親権問題、養育費などが面倒だと感じてしまい、仮面夫婦なのに婚姻関係を続けてしまうようです。

しかし、仮面夫婦を続けると様々な弊害が出てきます。

それは子供への影響です。

良い夫婦を演じていれば、子供に影響はないでしょう?

いいえ。そうではありません。

子供は親が考えているよりもとても敏感なので、父親と母親の心の距離を察しています。

しかし、子供に気付かれていないと思って仮面夫婦を演じ続けるのです。

そのため、子供が親に気をつかっていたり、知らない振りをしていたりすることに気付きません。

そうなると、子供のストレスや我慢が積っていきます。

それによって不眠や食欲不振、登校拒否などに繋がる恐れがあります。

つまり、気付いてからでは手遅れになっているということです。

仮面をつけているから気付かれていないと思っても、案外気付かれてしまうものなのです。

このように子供への影響を考えると、このまま『仮面夫婦』を続けるのではなく、夫婦関係の修復に勤めるか、離婚するかをハッキリさせた方が良いのかもしれませんね。

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは、破綻した夫婦関係の復縁工作や、別れたくても相手が別れてくれない方の別れ工作などを執り行っております。
金銭や親権など今後の人生に関わってくることには第三者の介入をおすすめしております。

別れるための工作だけでなく、円満に解決できる方法や適正な慰謝料を請求する際のアドバイスもできます。

様々なケースを経験している専門家なので、安心してご相談いただけますよ。

夫婦関係でお悩みの方は、まず無料相談窓口までお問い合わせください。

参考ブログ

離婚に発展してしまう?!夫を嫌いになる時とは??

いつまでも仲良しでいる夫婦の特徴