夫婦別々に寝ていると夫婦仲にヒビが入る?!


近年、共働きの夫婦が増えたため就寝時間がバラバラになってしまうことも多々あります。

そのため一緒に寝る夫婦が減っているのです。

寝室を別にすることですれ違いが起こる可能性もありますし、寝室を別にしておいて夫婦円満でいられるとは思えない人も多いことでしょう。

夫婦の寝室を別にしていることで離婚率に影響するともいわれています。

その大きな原因として、夫婦の寝室が別々になっていると、同じ寝室だったときよりも日常会話などが減ってしまう可能性があるということです。

夫婦のコミュニケーションが取れる機会が減るだけで夫婦の仲が悪くなることもあるので、別の方法でコミュニケーションを取る必要性があるでしょう。

そして、夫婦の寝室が一緒でないということは、それだけ性交渉を行う機会がグンと減る可能性が大いにあります。

性交渉も立派な夫婦のコミュニケーションの一つでもありますし、性交渉をしない日が長くなほど関係が冷え込み離婚へ繋がってしまうこともあるのです。

夫婦別寝が離婚へ繋がってしまう原因として、この二つは大きく関係していると考えられています。

しかし、必ずしも離婚率が上がったり夫婦円満でいられなくなる原因が夫婦の寝室が別というわけではありません。

別の方法でコミュニケーションを取るようにすれば問題はなくなります。

では、具体的にどのような方法でコミュニケーションを取れば良いのでしょうか?

ルールを作ってメリハリをつけましょう

週末だけ一緒に寝る、などルールを決めるのもメリハリがあって良いかもしれません。

必ずしも一緒にいることだけが絆を深める手段ではないのです。

寝室が別であれば、たまに一緒に寝るときのドキドキ感を感じることができ、夫婦の関係性に新鮮さを保つことができるようになります。そうすれば、夫婦仲はより深まることでしょう。

きちんとルールを作ることで、セックスレス防止の効果も期待できます

女性の性欲は精神的なものに大きく影響を受けますが、男性の性的な欲求は体調に左右されやすく、疲労が溜まると男性機能に支障が出てくることがあります。

そうならないためにはしっかりと質のいい睡眠を取ることも大切です。

平日はお互いに別々の寝室で睡眠を取りゆっくり体を休めて、前述の通り週末だけ一緒に寝るなどしてメリハリをつければ、夫も元気になりますし夫婦の関係も新鮮な雰囲気になり、セックスレスの原因となる生活感を感じさせないプラスな関係になることもあります。

夫婦別寝をうまく利用できれば、良い夫婦仲を築くこともできるということです

夫婦別で眠るようになってから、睡眠がしっかりとれることで精神が安定し、喧嘩が減ったという夫婦もいます。

いびきなどの小さな揉めごともなくなるので、ストレスも軽減されるようです。

しかし、冒頭でお話ししたように、普段からなんのコミュニケーションもなしに夫婦別々で寝ていては、夫婦のコミュニケーション不足やセックスレスへ繋がり、離婚に向かっていってしまうこともあります。

そうならないためにも、夫婦で話し合い、きちんとルールを作りましょう。

夫婦別寝を恋愛のスパイスとしてうまく活用できれば良いですね☆

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは、様々な恋愛相談を承っております。

夫婦別々で寝るようになってセックスレスにそれが浮気に繋がることもしばしば

あなたたち夫婦は大丈夫ですか??

不安な方は一度無料相談窓口までお問い合わせください。

夫婦仲の改善浮気調査など、あなたの心のモヤモヤが晴れるかもしれませんよ。

参考ブログ