国際結婚のトラブル…離婚‥復縁


SNSやインターネットの普及が発達したため、昔に比べ、国際結婚が珍しくなくなってきました。

例え、目の色、肌の色が違くても、愛する気持ちに国境はありません。

しかし、いくら愛していても、日本人同士の結婚ではあまり味わうことのない、『国際結婚ならではの苦労』というものがあります。

本日は、国際結婚にありがちなトラブルをお話していきます。

残念ながら、厚生労働省が毎年発表する『人口動態統計』によると、国際離婚した約6~7割のカップルが離婚していた。という結果になっています。

国際離婚率が高い大きな原因の一つは、偽装結婚が挙げられます。

日本に住んで働きたい外国人がビザを手に入れるため、エージェントを通して偽装結婚したり、日本人に頼み込み(お金を払って)結婚したりというのは実は意外とよくある話です。

偽装結婚している人は、目的を達成すると(永住権獲得や出稼ぎ終了で母国に帰国など)そのうち離婚をするので、どうしても上記の離婚率に影響を与えてしまいます。

偽装結婚はもちろん論外ですが、その他にも国際結婚の離婚率が高そうな理由がいくつかあります。

日本人同士の《価値観や考え方の不一致》で離婚されるケースも多いと思うのですが、異文化のパートナーと結婚すると、この価値観の不一致が起こる可能性が日本人同士よりグンと高まります。

日本の常識、世界の非常識という言葉もあるくらいで、幼稚園や小学校などの初等教育の段階で授業も全く違います。

そもそも、育った環境が全く違うので、仕方のない事なのですが、離婚の理由として挙げられています。

そして、このような価値観の違いで、不満を感じても、それをうまく伝えられないといった、《言葉の壁》も離婚原因の大きな理由の一つです。

イライラしている時にきちんと意見が伝わらないのは、とても、もどかしいものです。

食文化の違い》も離婚原因のもう一つの理由で多く挙げられました。

例えば、イスラム教の場合、豚肉がNG(市販のブイヨンにはかなりの確率で豚がはいっています)なので、スーパーやコンビニで売っているものはほぼ食べられなかったりします。

しかし、日本という国は、端午の節句、桃の節句、大晦日、初詣と言い、ほとんどすべてが宗教儀式と呼べる習慣で、かなり宗教的な国民であるのにも関わらず、外国人に比べて、他国の宗教についての知識がまだまだ薄いと言えます。

そのため、宗教性の違いで、衝突してしまうカップルも少なくありません。

そして、日本人のように毎食違う献立で食を楽しむというのは世界的にみても珍しく、外国人は毎日ほぼ同じものを食べるケースも多いのです。

自分または相手が食のこだわりが強い場合、喧嘩になってしまう可能性は高いかもしれません。

価値観や考え方の不一致》《言葉の壁》《食文化の違い》大きく分けて、この三つが離婚理由として挙げられています。

しかし、このような事が原因で別れてしまっても、《愛する気持ち》を消すことは出来ず、【復縁】を望まれる方もたくさんいらっしゃいます。

日本人同士の結婚とは違い、様々困難を乗り越え、国際結婚をした訳ですから、国際カップルの間にある絆は深いものです。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、このような国際カップルの復縁に関してのご相談も承っております。

復縁工作】を行い、離れてしまった心が戻ってくるよう演出させて頂いております。

国際カップルの方の絆は深いもので、専門家の力を借りた事で、見事復縁成功された方が多いです。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、日本国内だけではなく、海外にも調査員・工作員を派遣しております。

そして、日本人・外国人問わず、ご相談を承っておりますので、現在、パートナーの方との復縁を望まれている方がいらっしゃいましたら、一度ご相談下さい。復縁のお手伝いをさせて頂きます。