喧嘩別れをしてしまった…でも復縁したい


お互い好き同士でも、いつも仲良しでいられるという訳ではありません。

喧嘩する事も当然ありますよね。

喧嘩をしたときに毎回仲直り出来ていれば問題はありませんが、場合によっては喧嘩の延長戦で別れてしまった。なんてこともあります。

お互い頭に血が昇り勢いで別れを決断した場合、冷静になった時、悲しい想いをする事でしょう。

そして、出来る事ならば復縁したいと思いうのではないでしょうか。

お互いが同じ想いであれば復縁は、そう難しくはありません。

しかし、怒りが治まるタイミングには個人差があります。

そのため、謝ろうとして連絡しても返事がなかったりと、謝りたくても謝ることすら出来ない事もあります。

そしてその状況のまま時間が経ち、いつの間にか元恋人に新恋人が出来たのをSNSで知った。

なんて話もよく聞きます。

そうはいっても、喧嘩別れは感情的な別れで、復縁出来きないとは限りません。

反対に別れの原因が明確にあった場合(性格、金銭面、外見など‥)は、別れとなった原因を明確に改善しなければなりません。

そのため、感情的な別れよりも復縁出来る確率は低くなると考えます。

喧嘩別れの場合、別れた原因は感情にありますので、相手の感情を鎮める事が出来さえすれば良いのです。

喧嘩別れをした場合、何度もしつこく謝罪をする人がいますが、基本的に逆効果だと言えます。

なぜなら、謝罪すればするほどインパクトは薄れますし、そもそも怒っている場合、謝罪そのものではなく、しつこさに目が行ってしまい、不快に感じてしまう可能性があります。

何度もしつこく謝罪をするという行為は、相手のためではなく自分のためでしかありません。

謝罪をするなら、一度で誠実な想いが伝わるように謝罪しましょう。

相手に誠実な思いが伝われば血が昇っていた頭に冷静さを取り戻す事が出来るでしょう。

そのため、二人の間に ”冷却期間” が必要になります。

この期間が長すぎてしまうと自然消滅の恐れもあるため、せいぜい1ケ月程度で良いでしょう。

どんなに怒りっぽい人でも、恋人同士の喧嘩で1ケ月引きづる人は少ないです。

よっぽどの喧嘩内容(浮気など)でなければ、これくらいの冷却期間で冷静な気持ちを取り戻しているでしょう。

冷却期間後は事務的な内容で構いませんので、喧嘩の事には触れず、さりげなくまた会うきっかけを作ると良いでしょう。

冷却期間に、あなたの誠実な謝罪を思い出し、二人のことを少しでも考えてくれていた場合、誘われたときに断る理由はなくなります。

また会うきっかけを作る事が出来れば、あとは、別れてしまって後悔したという想いや、今でもあなたを想っているという事を相手にきちんと伝える事が出来れば復縁出来る可能性は高くなるでしょう。

一度はあなたを愛してくれた人なのです。誠実な想いを伝えてみましょう。

しかし、これでも復縁出来ないとお悩みの方は《復縁工作》を行ってみてはいかがでしょうか。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、復縁のお悩みに関して《復縁工作》を行うことで、自然なカタチで二人が再び想い合える状況を演出させて頂いております。

離れてしまった心を取り戻すのは簡単な事ではありません。

しかし、復縁工作を行う事でご相談にお越しい頂いたご相談者様の多くは、ご希望に合った結果となり大変ご満足して頂いております。

現在、復縁でお悩みの方は、一度復縁屋シークレットリサーチャーズ無料相談窓口までお問い合わせください。

参考ブログ

復縁アドバイスを受けて復縁は可能なのか?

復縁屋は最後の救世主?