周りから反対されるほど燃える恋愛

あなたは『ロミオとジュリエット効果』というものをご存知ですか?

誰もが知っている有名な劇作家であるウィリアム・シェイクスピアのロミオとジュリエットにちなんで名付けられたものです。

物語は、両親に反対され無理やり仲を引き裂かれたロミオとジュリエットが、 それがきっかけでかえってお互いの気持ちが強まり、真実の愛を確かめ合うことができた。というものです。

この物語のように、簡単に成功しまうよりもスリリングな恋愛の方が燃え上がるという効果のことをロミオとジュリエット効果といいます。

ある調査で身内が恋愛に反対しているカップルほどお互いへの恋愛感情が高いものとなり、信仰している宗教の違いの壁があるカップルほど、さらにお互いへの恋愛感情が高いものになったという調査結果がでたそうです。

人の心理として、禁止されたこと(タブー)は破りたくなるというものがあります。

これはカリギュラ効果とも呼びますが、絶対にこの扉は開けてはいけませんと言われてしまうと、ついついタブーを犯して扉の中を覗こうとしてしまうのです。

このように、恋愛上で親や身内からの強い反対だったり、あの人と付き合ってはいけません!というような禁止があったりすると、その障害を乗り越えて絶対に結ばれてみせたいと思ってしまうものなのです。

不倫』・『浮気などもそうです。

例えば不倫は、世間の一般的な価値観では簡単に容認されるものではありません。

不倫をしている人が思い切って友達に相談すると、やめた方がいいんじゃない?なんて言われることもあります。

不倫はリスクが大きいものです。

下手すれば多額の慰謝料を支払うことになりかねませんし、費やした時間の割に進展せず破局する可能性も大きいですよね。

万が一結婚できるとなっても親の目、親戚の目、世間の目が厳しいというのは覚悟しなければいけないでしょう。

友達はこういったリスクを追うのを心配して止めに入ったのかもしれませんが、当の本人は忠告を一切聞かずでも愛してるんだもんと答えることも多いです。

友達や親、世間に反対されると、自分のこうしたいという気持ちとギャップが生まれ、葛藤することになります。

そこで生まれた興奮をああ、自分はあの人をこんなに愛してるんだと解釈し、愛が深まったように感じるといわれています。

しかし、『ロミオとジュリエット効果』には落とし穴もあります。

不倫をしている最中は、お互いの魅力のとりこになっていますが、恋が実って結婚してしまうとたち逢瀬で隠れていたお互いアラが、丸見えになります。

そして、あれほど燃え上がった性生活も、いつしかマンネリになってしまったり…

慰謝料や親兄弟との絶縁と引き換えにつかんだ恋愛の結実が、結局、前の結婚と変わらない生活と、嘆く男女は多いものなのです。

不倫中の男女が夢中になっていたのは、お互いへの魅力ではなく”手に入らないものを得る”という、興奮だったのかもしれません。

リスクを乗り越え一緒になったのに、また刺激を求め不倫を繰り返してしまう。

実際、このような話もよくある話なのです。

ロミオとジュリエット効果というものは、大きな障害を乗り越えるところにあるのです。

不倫とロミオとジュリエット効果は密接な関係にあるといえますね。

様々なリスクを乗り越えなければならない略奪愛。

しかし、燃え上がった恋心を止めることは誰にも出来ません。

好きな人に既にパートナーがいたら、あなたはどうしますか??

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、別れさせ工作を行っております。
不倫は許されることではありません。

しかし、全てリスクを理解したうえで相手と一緒になりたい。

と、真剣にお考えの方は一度ご相談下さい。

略奪愛から真実の愛を手にいれることが出来るかもしれませんよ。

参考ブログ

略奪愛……彼氏が居る女性を落としたい!!!