単身赴任中の不倫率80%越え?!!


単身赴任をしている人は全国で約40万人程度と言われています。

その内、単身赴任中の旦那と離婚する家庭は7%(約28,000組)にも上り、そのうちの80%以上が浮気や不倫が原因で離婚しているそうです

同居よりも離婚率が2倍に上がるという情報を目にしました。

単身赴任中は家族と離れ離れになり一人暮らしをしながら会社で働くことになりますので、孤独を感じる事が多くなります。

そういった寂しさを紛らわすために、つい浮気をしてしまう男性が非常に多くなると言われています。

そのため、単身赴任がきっかけで浮気をしてしまう男性は、4人に3人いるとも言われています。

また、普段から浮気性ではない真面目な男性などでも浮気をしやすいのも単身赴任の浮気の特徴でもあります。

そして、驚くことに男性だけではなく一説によると単身赴任中の不倫は女性の方が多いともいわれています。

なぜ単身赴任中の不倫が多いのかその原因をお話していきましょう。

・毎日一人で過ごす寂しさから不倫してしまう

単身赴任は一人暮らしですから、今までの生活とは違い家事などを一人でこなさなければいけませんし、帰宅しても部屋は真っ暗で、温かいご飯もない、となるとその差が寂しい気持ちになるでしょう。

だからこそ家族の大切さが身に染みるものでもあるのですが、それが毎日になると『自由だ』『寂しい』という気持ちになってきて浮気心がでてくるのです。

そんな時に異性からアプローチをうければ、ついつい『食事だけならいいか』と行ってしまいがちなのです。

・バレにくい環境であるから

パートナーの目が届きにくい環境では、何がOKで何がNGかという判別がつきにくくなります。

単身赴任するまでが “ばれる危険性” と隣合わせだっただけに、そのリスクから解放された時に人の気持ちは浮ついてしまうのです。

・性欲を処理したいから

性欲は人間の本能であり、溜まったぶんだけ解放しようとすることは自然なことです。

ただ、その際のパートナーが遠方にいる場合は、『今すぐに』という気持ちに歯止めをかけるのはとても根気がいることです。

そこで魔が差し不倫に走ってしまうということになります。

このような事が原因で単身赴任中に不倫をしてしまうと言われています。

単身赴任をきっかけにして離婚に発展しないようにするには、当たり前のことですが、夫婦の努力が必要になるでしょう。

しかし、この努力というのがとても難しい。

なぜなら、努力とは苦労を伴うものである場合が多いからです。

苦労が多ければ、そのうち嫌気がさす……なんてことにもなります。

お互いの距離感に合う連絡頻度や、ふたりの時間の過ごし方を見つけていってください。

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは、日本全国また海外での調査も行っております。

悲しい現実ですが単身赴任中の不倫・浮気率は80%以上とも言われております。

離れて過ごすパートナーの行動を把握したいと望まれる方はとても多いです。

遠距離でパートナーの《不倫》《浮気》などご心配の方は一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

不安で過ごしている気持ちが少し楽になるかもしれませんよ。

参考ブログ