別居中の夫婦は復縁可能なのか?


原因がなにかしらあって夫や妻との別居に踏み切った夫婦。

別居を機会に復縁への道を模索しはじめることも、よくあるといいます。

1度別居をすると、お互いの気持ちが離れやすくなり離婚に傾くことがほとんどと耳にします。

しかし、別居中の夫婦がなにかしらのきっかけで復縁にいたることは、決して珍しいことではありません。

夫婦の間に何らかの問題が起こり、離婚するのか関係修復をするのかすぐに決めることができない場合や、離婚よりもまずは冷静になる時間を優先させる場合に、別居を選ぶことがよくあります。

問題を解決するために別居を選んだ場合は、1度距離を置くことによってお互いが冷静になれるので、復縁する確率は高めのようです。

そこで今回は、別居中の夫婦が復縁に成功するポイントを、ご紹介していきたいと思います。

別居1年以内を目安に復縁の努力をすること

調査の結果から見ても、別居してから時間を空けすぎると復縁はどんどん難しくなると言えるでしょう。

タイムリミットは1年間と考えておくのが賢い選択です。

無理に連絡をとろうと突っ走ってしまったり、しつこくなるのはいけませんが、できるだけ早くお互いの警戒心や緊張感を解き、普通に会話できるところまでもっていくことが大切になります。

復縁のために努力している姿は、早く行動を起こして見せることで相手にとっても『がんばっているんだな』と気持ちが動かされるきっかけになるでしょう。

相手の邪魔にならず必要だと思ってもらえるようにすること

別居後は無理に相手の生活環境に踏み込んだり、遠回しに探るようなことをせず、あなたが妻・夫として知っている相手のいい部分や他の人に見せない部分に目を向けて気遣ってあげることが大事です。

例えば、何も言わなくても待っていてくれる信頼感

言っていないのに忙しくしんどい時期に連絡をさりげなく入れてくれる理解している感

たとえ夫婦仲がまだ改善されていなくても子供の親として立ててくれる 親としてのけじめ

こういった部分に注目して、相手の気持ちや環境を無視することがないようにしましょう。

そして結婚しているあなただからこそわかるポイントをさりげなく伝えることで必要だと思ってもらえるように努力してみるといいかもしれません。

相手の立場を考えて話す

復縁の大前提として相手の気持ちを理解することが大切です。

自分の気持ちを押し付けるのではなく、相手の立場で考えてあげることで理解が深まります。

相手が離婚を考えている場合でも理解をした上で、話し合いをすることが大切です。

老後のことや金銭的なことなど将来に向けた具体的な話をする

相手に老後のリアルなことや、将来について具体性を持って話をすれば、一人になるのは寂しい、やっぱり怖い』・『将来、子供に忘れられたくないなど、想像から心配になって復縁を考えてくれることがあります。

誰でも、決めたたった一人のパートナーと別れて、今後また新しい出会いがあるなんてすぐには思えないものです。

もし一人ぼっちになってこのままずっと一人だったら、年老いて寂しくなっても誰もいないかもしれないと思ったり、この先は親の介護と仕事で人生それしかなくなるかもなどと考えることもあるでしょう。

やっぱり別居したけれど家庭を築いたこと、家族がいることの心強さや温かさを考えると、一人より復縁して関係がよくなるならその方がずっといいと思うはずです。

復縁したいがために、もう一緒に暮らしましょうなど、別居解消を急かすのはやめましょう。

なにごとにも順序というものがあり、とくに夫婦関係については焦らずゆっくりと慎重に進めるのが成功のカギです。

しかし、慎重になりすぎて、なあなあな関係にならないように、別居してから一年以内と期限を決めましょう。

その間に、見直すべき部分やどうしたらまた夫婦関係が良好になるのかを考えましょう。

一度、好き同士で結婚までしたのです。

あなたが本気で復縁を望めば可能性はゼロではありません。

パートナーとの復縁をお考えの方は、今回の記事を参考にがんばってみてくださいね。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、様々な恋愛相談を承っております。

復縁工作復縁アドバイスなど…今回のように、別居を解消して復縁したい!と、お望みの方は一度無料相談窓口までお問い合わせください。

あなたのお力になれるかもしれませんよ!

参考ブログ

自然消滅した相手と復縁できる??

別れても同棲を続けるカップル…復縁は出来るのか?