別れの仕方・清算の仕方

こんにちは!恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズ恋愛アドバイザー内田です。

皆さんは昨日のクリスマスイブは、どのように過ごされましたか?

本番は今日12月25日なのですが、昨日は休日と言う事もあって楽しい一日を過ごせたのではないでしょうか?

ここ最近の傾向として、特に若い年齢の方達は特にクリスマスを意識しないそうです。

18~24歳の若い世代の6割が『自分だけの時間や空間を大事にしたい』(男性69%、 女性62%)と回答をしているようです。

何だか寂しい気もしますが、時代の流れなのでしょうね。

若い世代の方は、男女の交際にもあまり興味を示さないと共に、結婚に対してもかなり消極的な傾向にもあるようです。

こんな話が有ってもやはり男女の事ですから『いつの時代も付き合った・別れたの話』はあります。

中には、浮気や不倫の別れ方に悩まれている方もいます。

今回は、このようなケースの別れ方の1つをお伝えしたいと思います。

いきなり別れ話をしない別れ方

不倫とは誰かを傷つける上に、先が見えない恋愛です。

最初はスリリングがスパイスになって刺激的かもしれませんが、どうしてリスクを背負ってまで危険な恋愛をしてしまうのでしょうか。

独身の男女で良い人はいっぱい居るはずなのに…先がないこの恋に気付いた時、どうやってお別れをすれば良いのか…。

浮気・不倫相手が仕事場の人だったりすると、余計に変な別れ方は出来ないので悩んでしまいますね。

例えば他に好きな人が出来たからだと言ってたりしては、嫉妬して急変し嫌がらせを受けるような事があっては仕事にも影響します。

どうしても浮気・不倫を清算したい時に1つの有効手段として、敢えて何も言わない事も1つの手段です。

敢えて別れ話をしない事で普段通り挨拶もし当たり障りなく応対しても、肉体関係は絶つのです。

何だかんだ肉体関係を誘われても、用事があるからと断り続けるのです。

それを繰り返す事のより、よっぽど鈍感な相手でなければ距離を取られていると、ある程度理解するでしょう。

いきなり別れを告げるのではなく、段階を踏みながら相手との気持ちに距離を置き、相手の気持ちが冷めて行くのを見てみましょう。

いきなり別れを告げたり、無視や音信不通は相手の気持ちを逆撫でしまう事も有りますが、普段通りに接する事で『もう貴方とは続ける気はない』とメッセージを送る事が出来るのです。

相手が話の場を持とうとしても、いきなり話し合いに応じるのではなく、段々と距離を計りながら話に応じて下さい。

最終的には最初に頂いていた感情的な気持ちが抑えられていて、相手も話が出来る状態になるでしょう。

浮気や不倫の清算は、傷口が大きくなる前に綺麗にしときましょう。