別れさせ工作って卑怯な事ですか?


今あなたが好きになった相手に、特定のお付き合いしている相手が居た場合どうしますか?

①自分の想いを伝えず諦める
②相手が居ても自分の想いを伝える
③自分の想いを伝えて何としてでも付き合いたい

など、自分の考えで出来る事と言えばこの位でしょうか?

の『自分の想いを伝えず諦める』を選ぶ方は、非常に多いのではないでしょうか?!

想いを告げてもし振られてしまったらと思い、想いを告げる勇気が持てずに諦めてします。

せっかく好きになっても、自分の想いを告げられず勿体ないではないでしょうか・

関しましては、自分の想いを伝えて結果がどうあれ、自分の想いを告げる事で1つの区切りが出来ればと想い、結果がどうあれ気持ちの整理が付きますね。

さてになりますが、『自分の想いを伝えて何としてでも付き合いたい』と思う方ですが、まず根底にある問題としましては、好きになった相手に特定のお付き合いをしている相手が居る事です。

特定の相手が居て想いを告げる事は、何ら問題ではないですが、『何としてでも付き合いたい』と思うからには、何らかしらの秘策が無いと難しいですよね。

想いを伝える前に、好きな相手からあなたに対する想いを聞いていて勝算があるならば、想いを告げるのも良いですが、『特定の相手を愛している』・『相手と別れるつもりはない』など、事前に耳に入れているのであれば、付き合える勝算は低いでしょう。

『何としてでも付き合いたい』と思い、それを現実的にするには、今現在の相手と別れてもらうしかないのです。

どうしても付き合いたいと想う気持ちが強すぎて、相手に対して猛アプローチをしても、相手の気持ちを掴む事は中々出来ません。

では、どうすれば良いのか?

それは別れさせ屋シークレットリサーチャーズ別れさせ工作を利用する事をおススメ致します!

シークレットリサーチャーズの統計の統計によりますと、復縁工作よりも別れさせ工作の方が工作成功率は高いのです。

復縁工作は1度離れてしまった相手の気持ちを呼び戻す事になりますが、別れさせ工作は相手の気持ちを離れさす工作となります。

人の気持ちと言うのは、今まで好きと思う気持ちがあっても、何らかしらのキッカケを与えるだけで、いとも簡単に離れてしまうのです。

好きな相手に特定の相手が居るけれども、自分の想いを現実化させるのに、別れさせ工作は有効的な作用を生み出します。

あくまでも、別れさせ工作とは相手を別れさせるだけの工作となりますので、その後自分の想いが現実化する保証はありません。

相手を確実なモノにしたいのであれば、同時にお付き合い工作も検討してみては如何でしょうか?