元恋人とセフレ関係に‥復縁出来る?

あなたは元恋人と復縁したくて会っていたのに、いつの間にか”セフレ状態”になっていた。という経験はありませんか? 

一般的に、セフレというとどうしても二番目の女や、都合よく扱われる存在というイメージが、まだまだ深く根付いています。

それゆえ、復縁したい元彼とセフレ関係になってしまって『セフレから本命になるのは無理かもしれない…』と悩んでしまってる方も多いはずです。

元恋人とセックスをしてしまい、悲観してしまっている方も多いかもしれませんが、実は、元恋人と体の関係があるという状況は、それほど絶望的ではないのです。

なぜなら、拒絶されていたり完全に嫌われている状態ではないからです。

最悪な別れ方をしてしまったのであれば、会うことは勿論、連絡も取れないでしょう。

完全に嫌われてしまっている状態ですね。

このような状態からの復縁は少し難しくなってきます。

そのため、セフレの状態にあるという事は、まだ救いがあるという事です。

しかし、かといってだらだらと元恋人とのセフレ関係を続けていては、復縁には遠ざかる一方です。

『セックスだけの関係』は、長びけば長引くほど、あなたの価値は低くなってきます。

時間の経過とともに、『元恋人』という意識よりも『セフレ』という意識の方が強くなってしまいます。

そうしたことから、セフレ関係が三ヶ月、半年と続いてしまうと、認識が『元恋人とのセックス』から、『ただのセフレとのセックス』に変わっていってしまいます。

なので、もし『このまま待ってれば、いつかはもう一度好きになってくれるはず』と思ってしまっている方は、考えを改め、『現状を続けてはまずい』と、思考をチェンジして下さい。

復縁を願っているときは、いわば片想いの状態です。

本当に振り向かせたいなら、元恋人の中にふたたびあなたを手に入れたいという気持ちを引き出す必要があります。

簡単にセックスできるような人を本命の恋人にしたいと思うでしょうか?

『もう一度付き合いたい』と思ってもらうには、あなたが手に入りにくい人になることが必須です。

『おあずけ』にして距離をとることで、元彼に『セフレじゃない』という関係をアピールできます。

いきなり離れると寂しさを感じますが、仕事に打ち込んだり新しい趣味を見つけたり、元恋人のことでいっぱいだった頭を落ち着かせるためにも、ほかに目を向けられるものを探してみましょう。

離れている間は自分を磨くことを考えましょう。

外見だけでなく内面も充実させることができれば、自然と雰囲気も明るくなります。

付き合っているころより、セフレの関係だったころより、『』が一番輝いていると思われたいですよね。

元恋人とセフレ関係になってしまっていても、復縁出来る可能性はあります。

復縁するには相手を追いかけるばかりではなく、追いかけさせることも必要です。

しかし、一度壊れた関係を修復するのにはそれなりに努力が必要になってきます。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは復縁のご相談を承っております。

専門家による自己改善のご提案や、復縁工作を行いますので、復縁出来る可能性がかなり上がります。

セフレの関係から復縁したいとお悩みの方は、一度無料相談窓口までお問い合わせ下さい。

参考ブログ