不倫関係だったケースでも復縁って出来るの?


今も昔も既婚者であっても、配偶者以外の異性と関係を持つ事はよくあります。

ここ最近では有名芸能人や著名人の不倫報道などで、ワイドショーや週刊誌を賑わせたりしております。

老いも若きも男も女も、身近に居る配偶者に刺激を感じなくなると、外で新たな出会いを求める事がよく有るのです。

それが1回だけの後腐れの無い関係なのか、それとも継続的に関係を結ぶ間柄なのかは、出会った相手に選るでしょう。

家に帰れば家族が待っていて、平穏な家庭を築いていても、家では味わえない刺激を外で求め深い関係になっていくのです。

復縁屋シークレットリサーチャーズには、一時期不倫関係にあった相手とまた復縁したいと言う、ご相談を頂く事はよくあります。

ご相談を頂くお客様は『不倫はいけない事』と認識していても、やはり相手の事が好きだから復縁したいと言われます。

相手の家庭を壊すつもりはない』・『自分の家庭を壊すつもりはない』とハッキリと言われますが、果たしてそんな事が可能なのか?

ご相談頂いたお客様にまず別れに至った経緯をお伺いしますと、『相手・自分の配偶者に関係がバレた・バレそうになって別れた』・『復縁したい相手からこれ以上の関係は辞めよう…』などを言われ、渋々別れに至ったケースがほとんどなのです。

通常に復縁と異なり、復縁したい相手に家庭がある場合の復縁は、必然にハードルは高くなり、弊害も出て来ます。

1回目の別れの原因が『バレた・バレそうになった』の時は、それ以上の責任問題に発展しなくて、慰謝料の請求や社会的制裁等を受けなかったケースがあって、ある意味無傷で済んでいるから、また復縁をしたいと思う方達です。

仮に復縁したい相手と復縁が出来ても、仮に同じ相手と2回も不倫関係で居たとわかれば、相手の配偶者や自分自身の配偶者は黙っていないでしょう。

双方に慰謝料が請求されたり、離婚に至り社会的制裁を受ける事だって予想されます。

次に『復縁したい相手からこれ以上の関係は辞めよう…』で別れに至ったケースでは、復縁したい相手がこれ以上不倫関係を続けてしまうと、自分自身の家庭が壊れる事を危惧して別れてしまうケースがあります。

相手の気持ちとしては、不倫はあくまでも遊びでしかないのです。

どちらかの関係を天秤にかけた時に、不倫相手より自分の家庭の方が勝ったのです。

このように見ても、不倫関係からの復縁は通常の復縁よりリスクがありますが、不倫相手との復縁を望まれる方は後を絶ちません。

しかしまだ相手に家庭が有る場合は、また同じ事の繰り返しになってしまい、お互いに幸せになれる事は中々難しいですね。

誰しも好きな相手が出来た時、その相手を独占したいと思うのは普通の考えです。

でも不倫関係である場合は、その相手を独占する事は不可能です。

好きな相手を独占するには、どうしたら良いのか…?

選択権は1つしかありませ!!

そうです!

復縁したい相手に、今の家族と別れてもらうしかないのです。

相手の家庭を壊してまでも、復縁したい相手と一緒になりたいのであれば、復縁工作をする前に別れさせ工作をする必要があります。

何もそこまでしなくても…』と思われる方もいらっしゃる筈です。

本当に不倫相手と幸せになりたいと思うのであれば、徹底的にやらなくてはいけません。

ただ前みたいな不倫関係で良いのであれば、ただ復縁をするだけです。

ご自身が何処までの関係を望むかによって、執り行わなくていけない事が変わってきます。

不倫相手と何処まで復縁したいかよくお考えの上、復縁屋シークレットリサーチャーズまでご連絡下さい!

 

シークレットリサーチャーズホームページ

復縁工作に関するページ

別れさせ工作に関するページ

浮気調査に関するページ

素行調査に関するページ

※おすそわけマーケット ツクツクお得なメルマガ登録はこちらから!
↓↓↓
おすそわけマーケット ツクツク