不倫相手の子供を産んだ女性の覚悟…


愛する男性の子供を産みたい女性の気持ちは、相手との関係が不倫だったとしても同じです。

はじめは軽い気持ちで不倫をはじめた女性が多いです。

相手の家庭を壊さないように隠れて会ってきたけれど、だんだん相手にのめり込み、独り占めしたくなって、いずれ泥沼になってしまうことがあります。

そして、愛する男性の子供を妊娠したいと思うのは、女の性なのです。不倫相手の子供を妊娠してしまい、出産したいけれど、今後どうなるのか不安になり、悩んでいませんか?不倫相手の子供を出産することは不倫相手のみならず、自分をも傷つける可能性もあります。

リスクをしっかりと理解しておくこで不幸な状況に陥らずに済む、もしくは、ダメージを軽減できるのです。

そこで今回は、不倫相手の子供を出産したいと思う女性が知っておくべき現実をご紹介します。

そこで今回は、不倫相手の子供を出産したいと思う女性が知っておくべき現実をご紹介します。

身勝手な恋愛感情で周りも自分も不幸にせず、お腹に宿った新しい命を大切にするための参考にしてみてくださいね。

まず、不倫の末妊娠した場合、産むかどうか、一人で育てる覚悟はあるかなど、決断すべきことがたくさんあります。

その中でも重要なのが『認知』です。

認知とは、戸籍上の結婚をしていない男女間に生まれた子どもを、自分の子どもであると法的に認めることをいいます。

そもそも、母親と子どもとの関係は、母親が結婚しているか未婚かに関係なく、ただその母からその子どもが生まれたという事実だけで、母子関係が認められます。

したがって、母と子どもとの間には、原則として、認知の問題は生じません。

それに対して父と子との関係は、その父が母と法律上結婚しているかどうかによって変わります。

不倫の場合、法律上の結婚をしていない男女の間、つまり未婚の母から生まれた子どもの場合、たとえ、血のつながりがあったとしても、生まれた時点では実の父とは他人であって、子どもには法律上は父親がいない状態になります。

このとき、戸籍の父親欄は空欄になっています。

この場合、特定の男性が子どもの父親であると法的に認めるのが認知という手続きになります。

では、不倫の末、妊娠した場合、認知してもらうべきなのでしょうか?

いったん認知されると、法的に出生時から彼の子として扱われ、戸籍に父として記載されます。

また、相続権や扶養請求権が発生し、養育費も請求できるようになるので、育児資金に不安がある場合は認知してもらった方がよいかもしれません。

しかし、不倫相手に認知をしてもらうことで発生するデメリットも少なからずあります。

それは、彼の戸籍にはあなたの子供の名前が載ることになります。

そこから、子どもの存在に気づいた本妻からの、不倫の慰謝料請求の可能性が高まるということです。

慰謝料額も、子どもの存在により結婚生活の平穏へのダメージが大きくなるので、単なる不倫より高額になる傾向があります。

もし慰謝料を払わなければいけなくなっても、一部は彼に負担するよう請求できます。

とはいえ、あなた自身の意思で彼と関係をもった結果の妊娠なら、内縁などの事情がない限り、彼への慰謝料請求も難しくなってくるでしょう。

子どもの『認知』については、しっかりと考えておきましょう。

いずれにせよ、不倫相手の子を産むということは、金銭的にも精神的にもダメージが大きいということです。

法的に本妻が有利な立場なのです。

多く見受けられるのは不倫相手の男性が妊娠の責任を取って一緒になると約束したのに、土壇場になって裏切られ、本妻から慰謝料請求も受け、なおかつ一人で子供を育てるか堕胎を選ぶ状況に追い込まれてしまう人も珍しくありません。

彼の態度と覚悟を慎重に見極める必要があります。

離婚するから産んでくれ

彼がこのような発言をしてくれたとしましょう。

それは本心かもしれませんし、妊娠をしている女性からすると、一番嬉しい言葉に間違いないでしょう。

しかし、その言葉と現在の彼の気持ちをそのまま受け入れるのは非常に危険な場合がありますので、一度でも良いので冷静に判断することを心がけてください。

今回の状況で一番立場が弱いのはあなたなのです。

彼が守ってくれなければあなたとあなたのお子様はかなりの窮地に立たされます。

彼の言葉を盲信するのは非常に危険です。

何卒慎重に判断されることをおすすめします。

かといって、冒頭でお話ししましたが…

愛する男性の子を妊娠したいと思うのが女の性』です。

全てのリスクを理解した上で、それでも、彼の子を妊娠し育てたいと望むのなら専門家へ相談しましょう。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、本妻との別れさせ工作をご提案しております。

妻と夫は子どもと親とは違い“血のつながりのない他人”なのです。

夫婦関係は案外簡単な理由で崩れてしまったりもします。

別れさせ工作では、その“別れるための理由”を演出致します。

彼が本妻と離婚し、あなたの元へ来るお手伝いをしております。

不倫は一般的に許される行為ではありません。

しかし、諦められない気持ちも分かります。

全てのリスクを理解した上でも彼と一緒になりたい。と、お望みの方は無料相談窓口までお問い合わせください。

参考ブログ

夢中になりすぎると危険!恋は盲目状態!

略奪愛……彼氏が居る女性を落としたい!!!