不倫カップルからの別れさせ工作の依頼


別れたい・別れさせたい』とご相談は様々な内容があり、その背景も人それぞれあります。

・付き合っている相手と別れたい
・好きな相手と付き合っている相手を別れさせたい

と言うのが、まずオーソドックス事例ではないでしょうか。

またここから掘り下げていくと、色々な背景が見えて行きます。

そして中には今回のタイトルのような『不倫カップルからの別れさせ工作』もあります。

不倫カップルからの別れさせ工作と聞いて、…??と思われる方もいらっしゃるかと思います。

よくある依頼は『不倫をしている配偶者とその相手を別れさせたくれ』となりまして、ご自身のパートナーが不倫をしていて、その2人の関係を壊して欲しいとなります。

しかし、今回のケースとしては不倫カップルから『配偶者と別れたい。不倫をしているのが自分たちで、こちらから離婚を切り出したら慰謝料を払わなくてはいけないので、配偶者に非があるように仕向けて欲しい』と言う内容です。

この依頼内容を聞いて、様々な意見があると思います。

また先日のブログでも取り上げたような『社会道徳に反するか・反さないか』にも、関わってくる内容だと思います。

また中には『不倫相手との間に子供が出来たから、配偶者と別れたい。このままでは配偶者は離婚に応じてくれないし、離婚に応じてくれても高額な慰謝料を支払う事に成り兼ねないので、配偶者の不貞行為をでっち上げて欲しい』と相談される方もいます。

その様な依頼を受けるか・受けないかはその別れさせ屋の判断になりますし、別れさせ屋シークレットリサーチャーズでも、その時の状況により依頼を引き受けるか、またはお断りするか判断させて頂きます。

ここでは、受ける・受けないの判断材料は明確には致しませんが、全てくる依頼をお受けする事はありません。

復縁工作にしても、別れさせ工作でも弊社判断基準によりお断りする場合がある事はご理解下さい。

1つ言える事は『依頼者が幸せになれるか』なのです。