不倫を正当化する男


恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズ恋愛アドバイザー内田です。

久しぶりのブログの更新となりました。

この所、気候の方も寒かったり暖かくなったりと、体調を崩しやすくなっておりますね…。

私自身も何だか、体調が優れない日が続いております。

先週の半ばから急激に暖かくなり出し、桜も満開となりましたね。

池袋近辺の桜もかなり咲いており、通勤時間帯に桜を眺めながら通っております!

さて、このように気候が暖かくなってくると、男女共に恋愛活動が活発になって来るのですね。

今回はそんな中、不倫のお話をしたいと思いますので、お付き合いください。

不倫で幸せになれるのか?

暖かくなってきますと、急に皆さん恋愛活動において活発になってきます。

何も恋愛とは、恋人が居ない人だけの話ではなく、すでに特定の恋人が居たり配偶者が居たりする人でもします。

恋愛をするには各個人の自由ではありますが、特に配偶者がいる既婚者の恋愛は、メリットよりもデメリットの方が遥かに高いのです。

人は恋に落ちると、今の幸せしか目に見えなくなってしまいます。

こんな人は他にはいない』・『私にとって最高のパートナー』など、恋は盲目となってしまい、周りが見えなくなってしまう方が多くいらっしゃいます。

恋愛感情もある程度も落ち着き、これからの将来を考えた時に相手に家庭がある場合、そう簡単にその相手とどうこうなるのは難しい話です。

そこで、将来の事を話すとしましょう。

特に男性側に多いのは、どちらとも取れない内容の返事をします。

最初こそは『家族と別れて一緒になる』・『仮面夫婦だから離婚しようと思っている』など、甘い言葉で近づいては来るモノの…、いざ不倫相手からこの先の話をされるとなると

・出会うのが遅かった。
・家庭を壊せないけど愛しているのはお前だけだよ。
・子供のために離婚は出来ない。
・奥さんが別れてくれない。

などの逃げのセリフをよく聞きます。

これは家族もあなたも失いたくないと言う、身勝手な男の言い分なのです。

このようなセリフを言う男はいざとなったら、何も責任を取らないで逃げ出す人が、圧倒的に多いのではないでしょうか。

仮に不倫相手に子供が出来たら、責任も取らず堕胎を要求してきたり、いきなり連絡も取れなくなったりしたり、逆に配偶者に不倫がバレて、慰謝料を請求されても何もしてくれません。

まず第一に考えるのは自分の保身でその次に家族との事を考え、不倫相手の事はあっさり捨てる事を選択します。

一時的な割り切った恋愛なら楽しい事の方が多いかも知れませんが、不倫関係で本気になっても幸せになれる確率は極めて低い事は覚悟して下さいね。

不倫とは誰も幸せになれるモノではありません。

不倫とは『自分・不倫相手・不倫相手の配偶者や家族』の全員を苦しめるモノなのです。

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは、今現在不倫でお悩みの方に最良のアドバイスを致しております。

今の現状から改善したいと思いなら、まずは無料相談窓口までお問い合わせ下さい。

過去記事になりますので、参考にしてみて下さい。