不倫は刺激的…不倫にハマる理由


いけない恋とわかっていながら、どんどんハマって抜け出せなくなる不倫や浮気。

バレてしまったら誰も幸せになれないし、自分にとってはリスクしかありません。

不倫や浮気にハマってしまう理由をご紹介します。

世の中には不倫をしている人がたくさんいます。

妻子のある人を好きになってしまったり、中には自分も家庭を持っているのに、既婚男性や既婚女性に夢中になりW不倫をしてしまう人も少なくありません。

不倫をやめられない人は自分が悪いことをしていることをきちんと理解していることがほとんどです。

しかし、悪い事と分かっていながら不倫を続けるのはやはりそれなりの理由があるためだと考えられます。

普通の恋愛を楽しんでいる人から見れば、わざわざ厄介な不倫をしなくても良いのにと考えてしまうこともあるかもしれませんが、不倫は一度経験してしまうとその独特の状況にハマってしまう人も多いといいます。

一体どうして不倫をやめられない人が増えているのでしょうか?

不倫をしているときはこの様な心理が働いていると言えます。

・限られた時間の中で会える喜びがある

不倫には片方に家庭があるパターンと両方に家庭がある2パターンに分かれますが、どちらも二人で会う時間には限りがあります。

家庭がある以上必然的に二人で会える時間は限られてきますが、その忙しい合間を縫って会っているという感覚が不倫の醍醐味と言っても良いでしょう。

会える時間が限られているからこそ、その時間はとても愛おしいものになるのです。

・不倫がバレてしまったらというスリル感がやめられない

不倫はバレてしまったら関係を続けていくことが難しくなります。

世間的にも褒められた行為ではないため二人で秘密を共有しているという感覚になります。

普通の恋では得られない浮気や不倫ならではのドキドキした気持ちやワクワクする心理は、一種の興奮作用をもたらすこともあるためその快楽を感じたいがためになかなかやめることができないと感じるようになります。

酷い場合、より一層スリルを求め、職場の近くのラブホテルや相手の家で密会する。

などエスカレートしてしまう人もいます。

これは特に恋愛豊富で普通の恋愛では満足できない人に多い傾向と言えます。

・家庭よりも自分を優先してくれたという優越感に浸れる

一つ目でお話した通り、限られた時間でしか会う事が出来ません。

しかし、その限られた時間を家族ではなく自分に費やしてくれた。と優越感に浸る事が出来ます。

また、夫や妻よりも『あなたを愛している』などと言われてしまうと更に嬉しくなり、その優越感が不倫を辞める事が出来ない原因だと言われています。

いかがでしたか?

誰でも不倫にハマる可能性があるところが不倫の怖いところですね。

一度でも不倫や浮気を経験すると、穏やかな普通の恋愛ではなぜか心が満たされなくなることも多いものです。

自分だけを見つめてくれる恋人がいたりいつも一緒に居てくれる優しい恋人がいても、今度はそれが苦痛に感じてしまったり切なく思えてしまうこともあるようです。それほど不倫は癖になってしまうものなのです。

現在、パートナーの行動が怪しいと感じている方・実際に不倫しているけどどうしたら良いか分からない。

と、お悩みの方は一度恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズにご相談ください。
専門のスタッフがひとりひとりに合ったご提案をしております。
年々不倫問題は深刻になってきているのが現状です。お一人で悩まれずご相談ください。
参考ブログ