不倫のモツレから最悪の結果へ…


既婚者との不倫で、最終的に幸せになれる方はそう多くはないでしょう。

既婚者には帰る家があり、最終的には家庭を守ろうとします。

立場が弱い不倫相手は、その領域には踏み込む事は基本的に出来ません。

中には、別れた後にその悔しさから、相手の家庭に不倫関係を暴露する人も居るでしょう。

そうする事によって『寂しい思いをするのは自分だけじゃない』と気を晴らすのです。

そうする事により、相手の家庭を壊し捨てられた恨みを晴らすのです。

一時の不倫関係が別れに至る事により、大きな代償を払う事になりますが、家庭崩壊をより更なる大きな代償を払う事になってしまうケースもあります。

■思いが強すぎて相手に命までも…

不倫関係の清算から、大きな罪を犯してしまう方も中にはいらっしゃいます。

男性刺され死亡、「愛人刺した」と通報した女逮捕

『8日夜遅く、東京・町田市のマンションで61歳の男性が胸などおよそ10か所を刺されて死亡し、警視庁はこの部屋に住む43歳の女を逮捕しました。
8日午後11時50分ごろ、町田市常盤町にあるマンションの一室で、「愛人を刺した」と110番通報がありました。
警察官が駆けつけたところ、近くに住む嵐富雄さん(61)がベッドの上で胸と背中およそ10か所を刺され倒れていて、搬送先の病院で死亡が確認されました。警視庁はこの部屋に住み、自ら通報した43歳の女を殺人未遂の疑いで逮捕しました。
部屋のテーブルには血の付いた包丁が置かれていて、女は「睡眠剤を飲ませ、眠らせて包丁で刺した」「1週間くらい前から殺そうと迷っていた」などと供述しているということです。
 警視庁は、女の刑事責任能力の有無や動機などについて調べています。(09日11:12)』(Yahooニュースより )

事件の真相はまだ解明はされておりませんが、『愛人刺した』とありますし、お互いの年齢差からして不倫関係のモツレから発展をした事件だと思われます。

今までにも不倫関係のモツレから、このような最悪の結果となってしまう事件は数多くあります。

不倫関係を清算したいと思っていても、相手が応じないと悩まれている方は非常に多くいらっしゃいます。

■大きな問題になる前に何とかしたい

今現在不倫をしていて、このまま不倫を続けていたら大事になりそうだと、不安を抱えている方はいらっしゃるはずです。

実際に不倫期間が長ければ長いほど、相手からの要求は増してきます。

・金銭的要求
・離婚の要求
・生活の束縛

など、不倫関係から抜け出すには、中々難しい状況に追い込まれて行く事になります。

しかしこのまま不倫関係を続けて行けば、何もかも破綻する事が目に見えている状況であれば、一刻も早く関係を断ち切らなくてはいけません。

事を荒立てる事なく、関係を清算するには相手に非を与える事ではないでしょうか?

■相手に非を与えるにはどうすれば良いのか?

そこで別れさせ屋シークレットリサーチャーズ別れさせ工作が功を奏します。

別れる理由を相手側の非にする事によって、別れの争いを軽減させる事が出来ます。

これ以上付き合っていたら、大変な事になりそうだと危機感を抱いている方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズにお任せ下さい。

問題解決するには、別れさせ工作を利用する事も、視野に入れてみませんか?

参考ブログ

不倫する男女の平均値

夫(妻)を奪った不倫相手が許せない!