一時の感情で別れに至ってしまった…


本当は別れたいと思う気持ちなんかなかったのに、一時の感情で別れを告げてしまい、後悔をされた経験をお持ちの方はいらっしゃるのでないでしょうか?

復縁屋シークレットリサーチャーズに、ご相談を頂くケースとしても『一時の感情で別れを告げてしまって相手がそれを承諾をしてしまった』、自分の本意とは違う方向へ進んでしまい、別れの言葉を言ってしまった事を後悔されている方が、復縁のご相談復縁工作などのご依頼をされる事がよくあります。

では何故、一時の感情で本心ではない言葉が出てしまうのか?

言った言葉の責任は重い

一時の感情で言ってしまった言葉だとしても、言ってしまった後で取り消す事は中々出来ない事です。

どんな状況にしろ、自分で発した言葉には責任が有るので、その責任の代償として別れが待っているのです。

そもそも何故、一時の感情で言葉を発してしまうのかが問題なのです。

付き合っていた相手に不満が無ければ、感情的になって別れを口にする事も無かったでしょう。

そしてその不満が溜まりに溜まって、何かの拍子に別れの言葉を口にしてしまった…って事が、復縁屋シークレットリサーチャーズのご相談内容にも、多くの見受けられます。

不満に思う事も人それぞれです。

・あまり相手にしてくれない
・会える時間が少ない
・他の異性との関係からの嫉妬
・長い付き合いからのマンネリ
・気持ちの再確認

と、付き合いの中で不満が溜まる事も有るでしょう。

感情が爆発して言ってしまった言葉は消せません。

現実に別れてしまってからの後悔…。

何故あの時に『別れよう』など言ってしまったのか…。

別れて気が付いた相手の良さや優しさ…。

別れてしまった事に後悔をしても、そのまま後悔をしたままで良いはずがありませんね。

また前のように付き合いたいと、お考えならば復縁を考えるべきです。

しかし、以前付き合っていた時とは状況は違います。

別れを告げたのは貴方からになりますので、別れを告げた方から復縁を願い出るとなれば、相手からとしては『何て自分勝手な人』と思われる事もあるでしょう。

自分勝手と思われても、そこで諦める事なく復縁に向けて突き進んで行く事です。

ただ突き進んでも、復縁が成就する確率は低いでしょう。

まず別れに至った原因を、突き止めなくてはいけません。

今回このブログでは『一時の感情で別れに至った』となりますので、まずは感情のコントロールを身に着ける事が大切となります。

次に大切な事は、感情を爆発させてしまった原因(・あまり相手にしてくれない・会える時間が少ない・他の異性との関係からの嫉妬・長い付き合いからのマンネリ・気持ちの再確認)をどの様に割り切り、実際復縁した時にどの様な改善策が必要なのかを、考えなくてはなりません。

復縁と言う行為は非常にデリケートな事であり、相手との気持ちが一致しない事には、成し遂げる事が出来ません。

新たな恋を始めるとはまた訳が違います。

新たな恋をした方が簡単で新鮮な気持ちにはなれるでしょう。

しかし復縁をしたいと思う人は、自ら困難な道を覚悟の上で復縁を望むわけです。

復縁屋シークレットリサーチャーズは、困難な道のりでも復縁したいと強い決心をお持ちの方のサポートをさせて頂きます。

復縁は1人では不安だ・復縁の仕方が分からない』とお悩みの方は、復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談下さい。