ヤキモチと嫉妬の違い


恋人のことが大好きなあまり、恋人の異性友達や話しかける異性にまでイライラ…なんてことありませんか?

誰でも好きな人には自分だけを見つめていてほしいものです。

しかし、それも度を越えてしまうと、嫉妬果ては束縛と思われてしまいます。

嫉妬はドロドロとした憎悪の感情が渦巻く恐ろしいものというイメージがあります。

しかし、同じ感情なのに嫉妬よりもヤキモチのほうが、かわいらしいイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

ヤキモチはうまく使えば恋愛を盛り上げるスパイスになりますが、嫉妬は決してあなたを幸せにすることはないでしょう。

嫉妬ではなく、ヤキモチをうまく焼いて、しっかりと恋人の心を掴みましょう!

そもそも、嫉妬はなくせるものなのか?

嫉妬をなくすことはできません。

しかし、少し弱めることはできます。

その方法は諦めることです。

こだわりが嫉妬を生むので、こだわりがなくなると嫉妬が薄くなります。

まあいいや』・『どうでもいいやという気持ちを持てば持つほど、嫉妬心は薄くなります。

嫉妬心が沸き上がってきたときこそ、他の何かにこだわりを持つ

嫉妬をしている事柄以外にこだわりを持つと、こだわりが分散されて今嫉妬しているものに対する嫉妬が薄くなります。

仕事でうまくいっていなくても、趣味に熱中している人が幸せそうなのは、こだわりが分散しているからです。

嫉妬心が沸き上がってきたときこそ、他に熱中できるなにかを見つけてみましょう。

嫉妬も伝え方ひとつで可愛いヤキモチになります。

他に熱中できるなにかが見つかれば一番良いのですか、それは簡単に見つかるものでもありません。

そんなすぐに嫉妬心を抑えることは難しいことですよね。

そんな方は、嫉妬したとき相手への伝え方に意識を向けてみてはいかがですか?

そもそも、ヤキモチも嫉妬も『相手には自分だけを見ていてほしい。』という感情です。本来、同じ感情なのです。

しかし、嫉妬の方がマイナスイメージがあるのは、相手への伝え方に問題があるからなのです。

他の異性の悪口を言う
長時間キレ続ける
嫉妬のあまり行動を制限する

これは、面倒な嫉妬だと思われる行動です。

それに比べて、

他の異性がいると、くっついてきたり、かまってオーラをだす
キレるのではなく、ヤキモチを妬いていると素直に伝える
放っておくと、素直に寂しいと言ってくる

この行動は、面倒くさがられないヤキモチの伝え方になります。

いかがですか?キレたりせず素直に自分の気持ちを伝えるだけで、こんなにも印象は変わるのです。

そして、伝え方ひとつ変えるだけで、相手もあなたに対して『心配をかけてはいけない』と、思って接してくれることでしょう。

恋人が他の異性と仲良くしている時は、ついついすぐに嫉妬したくなってしまいます。

しかし、恋人の立場から見ると、嫉妬しているあなたに嫌気がさして、余計なトラブルに発展してしまうこともあります。

嫉妬するのは致し方のない面もありますが、やはりある程度は耐える、我慢することも必要なのです。

そして、伝えるときは素直に伝えましょう。

自分で感情を整理する術も身につけつつ、嫉妬心と上手に付き合って行くと良い恋のスパイスとなることでしょう。

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは、様々な恋愛相談を承っております。

浮気復縁出会い別れさせ自己改善など、現在、お一人でお悩みの方は一度無料相談窓口までお問い合わせください。

参考ブログ

ネガティブ妄想ばかりしていると現実もそうなってしまいます!

男女でこんなに恋愛観って違うの!?