メンヘラ女性の恋愛傾向


近年『メンヘラ』という言葉をよく耳にするようになりました。

メンヘラとは精神的に病んでいる人を意味します。

メンタルヘルス=精神的面の健康』という言葉がメンヘルに略され、er型がつき『メンヘラ』という言葉が生まれました。

メンヘラ女性は恋愛関係において苦労することが多いです。

本日は『メンヘラ女性の恋愛傾向』についてお話していきたいと思います。

・常に自分一番に扱われないと許せない
・彼の行動をすべて把握していたい
・彼の意見に耳を傾けず、自分の理屈で返す

この様な点が挙げられます。

まず、『常に自分一番に扱われないと許せない』という特徴です。

メンヘラ女子はとにかく、自分を一番にしてくれる彼氏でないとあり得ない!と考えている人です。自分の為に動いていないと感じると、彼に気にかけてもらおうとして、駆け引きのような、いわゆる『かまってちゃん』な行動に出ます。

しかし、この様な行動をとっていると、信頼関係が大切な恋人同士であるはずが、いつしか居心地の悪い存在になってしまいます。

次に、『彼の行動をすべて把握したい』人です。

彼が今どこで誰と何をしているかすべての行動を把握していなければ満足できず、SNS上でも彼の元カノや友達を検索し、過去にどのような恋愛をしていたのか、交友関係はどうなのか‥などを調べ上げている人がメンヘラ女性の特徴です。

そして、メンヘラ女性は調べるだけではなく、勝手に彼の過去や行動に対し、嫉妬や疑いの気持ちを持ち、彼に強く当たってしまう。という行動も見受けられます。

人の行動を把握し、支配する事など決して良い結果を生むことは出来ません。

最後は『彼の意見に耳を傾けず、自分の理屈で返す』人です。

これは一番目に挙げたものと共通する部分があります。

メンヘラ女性は自分に対し、自分の思いとは反対の意見をしてくる人がいると『否定』されたと勘違いしてしまいます。そして、自分一番に扱われていないと、マイナスな方向に考えてしまい、素直に他人の意見を受け入れることが出来ません。

そして、自分の勝手な理屈で相手の意見をねじ伏せようとし、相手の意見に耳を傾けない。

という特徴が見受けられます。そのような行動をとっていれば気付けば、必然と恋人だけではなく、周りに誰もいなくなってしまいます。

以上の特徴が挙げられます。

好きな人が出来ると『不安』という感情が生まれてしまう。

この様な感情は恋愛をした事がある方は必ずといっては良いほど経験する感情です。

メンヘラ女性と恋愛上手な人の違いは、相手の意見に耳を傾けずに、

 

自分の思いだけを感情のままにぶつけてしまうという事です。

 

恋愛上手な女性は、このような自分本位な行動を取ることはありません。

相手にも感情があり、考えがあります。

自分の意見ばかりをぶつけていたら、独り相撲をしている事と同じ事です。

そうならないよう感情に身を任せず、一度深呼吸をし、冷静に考えてみましょう。

6秒ルール』というものがあるのは皆さまご存知でしょうか。

人の感情のピークは長くても、せいぜい6秒程度と言われています。

カッとなっても、実は6秒くらいしかそのピークは続きません。

つまり、最初の6秒さえ待てれば、最悪なリアクションをしなくてすむ可能性が高くなるというわけです。

実際に6秒待つためには、カッとなった、イラッときた、ムカッときたらすぐにその場で、指で手のひらや太ももなどに、そのことを書いてみるとよいのだそうです。

カッとなったら6秒待つ。このルールを実行すると、自分の感情を最悪な形でぶつけることをせずに済むでしょう。

せっかく、彼氏が出来たのに喧嘩が絶えない方、メンヘラと言われたことがある方など‥‥一度このような『6秒ルール』を試してみてはいかがでしょうか。

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは、この様に自己改善に向けてのサポートをさせて頂いております。一度お気軽にご相談下さい。