パートナーの不倫相手に謝罪をさせたい

さぁ~今回はご自身のパートナーが浮気調査の結果により、不倫をしていた事が発覚しました。

この時にあなたの中の感情が、爆発する事もあるでしょう。

この感情が爆発する相手として、もちろんご自身のパートナーに向けて起こるのは当然だとは思いますが、より大きく感情を爆発させた相手は『自分のパートナーを寝取った憎い相手』ではないでしょうか?

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでも、浮気調査の結果をお客様にご報告させて頂く時に、不倫相手に対して凄まじい怒りを爆発させる方が多くいらっしゃいます。

その気持ちはよくわかります。

お客様自身はパートナーとの仲は上手く行っていると思っていて、まさか自分の愛するパートナーが知らない所で不倫をしているなんて…。

パートナーに裏切られたと思う反面、大事なパートナーが奪われたと感じるのです。

その時に真っ先に思い浮かぶのが『相手に謝罪をさせた』だそうです。

今回の相手に謝罪をさせるには、どのようにしたら良いのか伝授致します。

不倫相手に謝罪を要求させる事は出来るのか?

自分の大切な人を奪い、家庭までも壊した相手を許せないと思うのは当然の感情です。

不倫相手に何とか直接謝罪させたい!』と思っても同のようにすればいいのか?

感情的になって謝罪をさせても逆に相手から『強要罪』・『脅迫罪』として訴えられても意味が無い。

では、ちゃんとしたやり方で謝罪させるには、このようにしてみてはどうでしょうか?

土下座』などの強要は×

不倫が原因で離婚する事になり、このまま不倫相手からの謝罪もないままでは気が済まない。

しかしここで感情的になり、不倫相手に『土下座しろ!しなければ職場にバラすぞ!!』などと言ってしまうと、強要にされたと取られてしまう事も…。

あなたが不倫された被害者としても、暴行や脅迫を用いて謝罪を強要してしまうと『強要罪』・『脅迫罪』になってしまい、不倫相手から取れるはずの『慰謝料』が取れるどころか、逆に『慰謝料』を請求させる事もあるのです。

ご自身の要求を不倫相手に呑ませるには、強要や脅迫を用いるのではなく、あくまでも大人の対応も求められるのです。

不倫相手に要求する手段

①申し入れる(『謝罪してもらうえないか』と謝罪して欲しい事を申し入れるのは問題ないです。ここで『土下座しろ』などの相手に強要する事はやめましょう

②条件を付ける(『謝罪がない場合は慰謝料の増額する』などの条件を付ける事は大丈夫です。『謝罪しない場合は職場にバラすぞ!』は脅迫になってしまします

どんな状況でも、冷静になる事です。

冷静になれていない時に、相手との交渉をしてしまうと場合によっては、被害者から加害者に変わってしまう事もありますので、十分に気を付けて下さい。

相手に要求を呑ませるには

脅迫や強要の罪に問われてしまわないかと思い、不倫相手に何も出来ない事はありません。

謝罪などを求める場合は、自分の主張が法律に触れない範囲でおこなう事が重要です。

不倫相手に謝罪と求めるのは当然の権利でありますが、不倫相手が必ず謝罪する事は義務ではありません。

あくまでも冷静に対応する事によって、不倫相手からの謝罪を引き出す事が重要です。

無理に不倫相手に謝罪を、強要しないようにして下さい。

冷静になれないが負け

不倫相手に感情的に今の自分を見失いそうになった時は、一度深呼吸をして落ち着き今の現状を客観的に見るようにして下さい。

不倫相手に対して『復讐したい』・『同じ立場に追い込みたい』と思うのは当然だとは思いますが、それが果たして正解なのか?考えてみて下さい。

負の感情からは何も生みませんし、負の連鎖が繋がれば何時まで経っても、その苦しみから抜け出す事は出来ないでしょう。

探偵に不倫の証拠を突き止めてもらってからの交渉はやはり『交渉のプロの弁護士』任せるのが得策だと思います。

個人的に交渉すれば、お互いに感情論に発展し着地地点を見失い、泥沼化する恐れもありますし、謝罪や慰謝料の交渉は弁護士を通して行う事をおススメ致します。

慰謝料に関しましても、個人で交渉するより弁護士を通して行った方が、割増しで請求出来る事もありますし、スムーズに事が進む事でしょう。

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは、提携弁護士を紹介させて頂く事も出来ますし、弊社が掴んだ証拠を基にお客様に有利に事が進むようにしてくれます。

不倫相手を許す事はしなくて良いのです。

あなたの苦しみを晴らすならば、冷静な判断が必要となります!