パパ活…愛人と変わらない関係?!


若い女性が男性とデートや食事をして金銭を受けとるパパ活』。

最近ではSNSやパパ活専用サイトまで出てきているようです。

肉体関係はないことが前提とされているようですが実際はそうではなく、昔でいう援助交際』・『愛人となんら代わりないようです。

1回につき貰う金額は、2~5万。

食事をするだけで数万円もらえることもあります。

定期契約なら、月10万円位から、多ければ100万という場合もあるとか。

普段から、家計を守っている妻からしたら、こんな高額な金銭を他の女性に渡していた。なんて、考えただけでも腸が煮えくり返る思いですね。

そんなパパ活に夫がハマっていたらあなたはどうしますか?

今回は、そんなパパ活についてお話ししていきます。

パパ活体験者の既婚者男性に話を聞いたところ、変に気を使わないでお金で済ませられる』・『風俗と違って、一般の子なので新鮮』・『彼女となると(不倫)という感じになるのですが、(パパ活)だと後ろめたさが少し減ると言った、なんとも身勝手な解釈でした。

パパ活している男性側は割りきった関係なんだからと、安易に考えている方が多いように見受けられました。

しかし、やはり表現の差こそあれ、性的・肉体的関係が絡んでいる可能性が高いのがパパ活です。

既婚男性で構わないとあらかじめ女性サイドが納得している点も、妻側としては非常に怖いとこです。

奥様方にとって、パパ活とは夫が若い女にガチ恋して入れ込み、金銭的援助をする行為、もしくは援助交際であり、生理的に受付けないほどの嫌悪感をもたらします。

それは、愛人を前に怒り狂う妻とまったく同じです。

たとえ肉体関係がなくても不法行為になり得ます。

肉体関係のない関係であっても、妻の権利が侵害されといえる場合があるからです。

肉体関係は認められなかったものの、夫と食事やお茶、映画を見る関係だった女性に慰謝料を請求した裁判で、裁判所は、女性が夫婦生活の平穏を害し原告に精神的苦痛を与えたことは明白と認定した実例もあります。

といっても、認められた慰謝料の金額は10万円程度ですが…。

このようなことを見てわかる通りパパ活』は肉体関係の有無を問わず不貞行為になるといえます。

そして、もしも、あなたの夫がパパになっており、他の女性と肉体関係になっているならば、それは確実な浮気であり、慰謝料請求の対象となる不貞行為です。

浪費が増えた
頻繁にSNSをチェックするようになった
携帯を肌身離さず持つようになった

など…こんな行動が多く見られるようになったのなら、あなたの夫はパパ活している可能性があるかもしれません。

心配な方は恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズ浮気調査をご利用ください。

夫の行動調査などを行ってパパ活をやっているかなど事実を確認することができます。

まずは恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズ無料のライン相談メール相談をご利用ください。

参考ブログ

出会い系・マッチングアプリでのトラブル

パパ活中の方からのご相談

 

 

 

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズホームページ

復縁工作に関するページ

別れさせ工作に関するページ

浮気調査に関するページ

素行調査に関するページ