デリカシーのない男の復縁の可能性

女性の皆様、デリカシーない男ってどう思いますか?

まずデリカシー【delicacy】とは『感覚・感情などのこまやかさ。繊細さ。微妙さ。 「 -に欠ける」』と言われております。

デリカシーのない男と付き合ってみたが、終始イライラを覚えて別れに至ったケースって、多いのではないでしょうか。

今回はデリカシーのない男の事について、お話をしたいと思います。

デリカシーのない男の特徴

・空気を読まない
・コンプレックスを突く
・人の気持ちに無頓着
・自分が言われても平気
・決めつけが多い
・自分中心
・表裏はない
・ありがた迷惑が多い
・無自覚

と、上記に上げたような特徴があげられるのではないでしょうか。

例えば自分1人に対してであれば、いくらかはガマンが出来るかも知れませんが、周りにいる全ての人に対して害が及ぶとなったら、イライラとフラストレーションが溜まってしまいますよね。

イライラやフラストレーションが溜まるとどうなるか…ケンカが絶えなくなってしまいます。

デリカシーのない男は自分の言っている事に対して、人を傷つけている自覚が無いですから、自分に原因がある事を理解致しません。

その為、ケンカをしても自分に非がある事を認めず、ケンカが収まる事がありません。

いい加減嫌気がさし、別れを切り出しても別れの原因を責任転換し、認めようとはせず後味の悪い別れ方をするケースがよくあります。

このようにデリカシーのない男は空気を読めない事で、自分を正当化し周りとの距離感がつかめない事が多いのです。

デリカシーのない男から復縁の申し出

様々な要因が重なり別れに至ったが、少ししたら『もう怒ってないの?なら復縁しよう』と復縁の話をしてくるのも、このタイプに多いと言われております。

付き合っていた当時に散々嫌な思いをしたのですから、『復縁をする気はない』と言っても、自分の都合の良いように解釈をして、こちらから断っている事を本気で受け入れない事もしばしあり、何度も復縁の申し入れを繰り返すのです。

自分でデリカシーがないと気が付いているのなら、まだ改善の余地はあるのかも知れませんが、多くの方は自分のデリカシーのなさに気が付いていないのです。

仮に自分で気が付いていて自己改善しようと意識していても、つい心と裏腹に人を傷付けるような事を発してしまします。

自分を変えようと努力をする事はとても大切ですが、根本が変わらなければ復縁が出来る可能性は低いでしょう。

もし、デリカシーのなさが原因で別れた方からの復縁工作依頼が有ったとしても、まずは復縁屋シークレットリサーチャーズのアドバイザーと共に自己改善を取り組んで頂く事になるでしょう。

どんなに復縁したいと強い気持ちが有ったとしても、復縁したい相手の気持ちを振り向かせなくては、復縁の可能性はありません。

まず変わろうとしないと復縁の可能性は上がりませんので、このブログを読まれた方で自分を変えたいと思われた方は、復縁屋シークレットリサーチャーズまでお問い合わせ下さい。