ダブル不倫から抜け出せない


バレたら泥沼化必須、世の中で一番リスキーな恋愛、それが『ダブル不倫(W不倫)』頭ではよくない、て分かっていても……。

イケない事だからこそ、燃えてしまったり…‥。

ダブル不倫にハマってしまう方が近年急増しているのをご存知でしょうか。

世間的には、『不倫は悪』とされています。

しかし、それを分かっていつつもダブル不倫に走ってしまう、といったケースは少なくありません。

配偶者には感じられなくなったときめきやドキドキ、異性の魅力など、これらは全てダブル不倫で味わえるものです。

こうした ”新鮮さ” を求めている人にとってダブル不倫は非常に手軽で、簡単に欲求を満たしてくれるのでしょう。

それに加え、ダブル不倫は、お互いに配偶者がいる状態で不倫をしているので、結婚してというように言われる必要もないため、お互い気が楽という点が挙げられます。

そのため、重い関係になることなく、二人の気が向くまま付き合いを続けるもよし、付き合いを解消するもよし、どちらでも、相手に合わせて行えるというメリットがあるので、とても気が楽だという心理が働いているといえます。

しかし、ここ最近では、ダブル不倫が ”純愛化” しているというケースも少なくありません。

結婚相手と別れたら一緒になろう。と不倫相手と約束している人も多いです。

恋は盲目》なため、冷静に考えられない状態にあると言えます。

結婚すると結婚相手の嫌な部分がどうしても見えてきます。

しかし、不倫相手は特別な存在なため、結婚相手よりも良く見えるものです。

仮に、現在のパートナーと離婚し、不倫相手と再婚する事になったとします。

以前は ”不倫相手” という、特別な存在だった相手が ”結婚相手” へ昇格します。

結婚相手になってしまうと、とたんに、以前のパートナー同様、相手の悪いところにばかり目がいって嫌になってしまう可能性が高いのです。

そして、刺激を求め、再び ”不倫” してしまう方もいます。

ダブル不倫が純愛化してしまうと、お互いにとってかなり、リスキーな事だと言えます。

しかし、このようなリスクを理解したうえで、ダブル不倫に本気になってしまった場合、それは仕方がない事で、止められない感情です。

これから、どの様に、問題を解決していくかを考える他、ありません。

そして、離婚も再婚もあなた一人で出来るものではありません。

まずは、自分の気持ちを整理し、お互いの気持ちを尊重し合い、今後の流れを決めていきましょう。

あなたが一方的に不倫相手との再婚を望んでいても、不倫相手にもあなたと同様、結婚相手というパートナーがいるのです。

不倫相手に、その気が無かった場合、とても悲しい結果になりますので、不倫相手ともよく話しておくことがあなたの幸せに繋がります。

そして、一番の問題点は、現在の結婚相手に『離婚したい』と告げなければならない事です。

これは、ずる賢いやり方だと思われてしまいますが………。

離婚を望む場合、勿論、話し合いをしなければなりません。

そこで、正直に不倫を告げるのはお互いにとって良いこととはいえません。

知らないほうが幸せなこともありますし、あなたと不倫相手には慰謝料などの請求がされる場合もあります。

どちらにせよ、バレずに、結婚相手との離婚話を進めるのが利口といえます。

しかし、いきなり離婚を告げられて『はい。いいですよ。』と一つ返事で返す人は少ないと思います。

そこで、別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは【別れ工作】をご提案させて頂き、自然な流れで、関係が終結出来るよう演出させて頂いております。

現在、ダブル不倫から本気になってしまい、パートナーと離婚したいがどうすれば良いのか分からない。とお悩みの方。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズに一度ご相談ください。

離婚問題は手間と精神的負担が多いと言われております。

お一人で悩まれず、専門家の力を借りてみても良いのではないでしょうか。

今回は【ダブル不倫】についてお話させて頂きました。どの様な形であっても、人を愛するという気持ちに ”悪い” という事はないのです。

一般的に不純と言われてしまう、現在の恋愛と理解しながら、それでも成就させたいという強い想いがあるのならば、それは不倫であっても《純愛》だといえるでしょう。