イクメンを装い不倫する夫


イクメンという言葉を知っていますか?

男性も育児に参加できるよう、男性社員の育休を積極的に取得させる企業が増えていて、それに伴い、育児に積極的だと自らアピールする男性も見かけるようになりました。

そんな男性のことをイクメンと世間は呼んでいます。

本来、自分の子供なんだから父親も子育てに協力するなんて当たり前です。

イクメンなんて言葉は日本でしか使われていません。

外国人からはイクメン?子供は二人で育てるものじゃないの?!と笑われてしまいます。

それほど、日本人男性は子育てに協力的でないことが分かりますね。

しかし、イクメンブームもあり、子育てを積極的に協力してくれる男性が増えてきました。

これは女性からすると大変助かることですよね。

■『イクメンと装った男性』が増えてきているのも事実です。

その代表的な例が、元衆議院議員で現在芸能活動をされている方です。

この方は衆議院議員時代、同じく元衆議院議員の奥様と結婚。

子育てのため議員活動を休業する育休宣言をしたことでイクメン議員として注目されていましたが、奥様がの妊娠中にゲス不倫が発覚したことが記憶に新しいのではないでしょうか。

この方はこの騒動で、支援者やワイドショーのコメンテーター、さらには安倍総理大臣からも議員である前に、しっかりと人間として襟を正していく必要があるなどとバッシングを受けました。

お二人はそんなアクシデントを乗り越え、現在も夫婦でテレビに出演するくらい仲の良いご夫婦ですが、世間一般から見たこの方はイクメンと装った最低不倫男というイメージがついては取れないのではないでしょうか。

彼のようなイクメン偽装男は実際に存在するのです。

私の夫はイクメンだからといって安心していては、この方の奥様のようにゲス不倫されてしまう可能性があるかもしれません。

近年、SNSが充実しているため俺はイクメンなんだと周りにアピールすることができます。

イクメン偽装男は、子育てに協力しているというよりかはSNSでの自分の評価を気にしている傾向にあるのです。

■『イクメンの俺』に酔っている状態です。

実際、子供の写真を撮るだけでもかなり大変です。

さらに、おしゃれと言わしめるほどの写真を投稿するには角度を変えたり、何回も撮りなおしたりする必要があります。

日常的に子供と接していたらそんなに写真をあげる暇はないはずです。

SNSにハマるのは趣味としては良いでしょう。そして、おしゃれなパパは素敵です。

しかし、本当に育児に参加してくれている男性は半数くらいではないでしょうか。

汚れる想定をしていない服を着ていたりする男性はイクメン偽装男である可能性が高いです。

そして、なによりも許せないのは、イクメンという言葉を盾にやりたい放題しているイクメン偽装男です。

自分は育児をしている、という自負がありすぎるため、妻や周囲に対して上から目線な態度をとるイクメン偽装男がいます。

このタイプの男性は、平気で妻に俺はこんなに育児に参加してると圧力をかけます。

そして、外では不倫しているのもこのタイプの男性です。

今日は保育園のお迎えがあるなどと言って早く退社しては、不倫相手と会っている人もいるようです。

想像しただけでも腹が立ちますね!

男性社員が育児参画しやすいように勝ち取ってきた権利も、こうしたイクメン偽装男たちの軽率な行動によって簡単にぶち壊されてしまいます。

当たり前に育児をしている男性社員がきちんと日の目を見られるように、イクメン偽装男の横暴はチェックしていきたいものですね。

あなたのイクメン夫は大丈夫ですか??

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは、浮気調査を実施しております。

パートナーの行動が怪しい。と、お悩みの方は無料相談窓口までお問い合わせください。

参考ブログ

いつまでも仲良しでいる夫婦の特徴

夫の浮気。見て見ぬふりをするべきなのか?