アドバイスを求めても素直に受けいれない人

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズには、日頃『浮気・復縁・別れさせ・別れ』その他諸々恋愛に関するお悩みが多く寄せられています。

この事はそれだけ世間では恋愛事のお悩みを抱えていらっしゃる方が多くいらっしゃると言う事の表れであり、そこで恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズを頼って頂ける事は大変ありがたい事だと思います。

私たちの使命として『恋愛事でお悩みの多くの方を救う!』事を第一使命として日々活動を行っております。

各調査や各工作の依頼とは別に、アドバイスを受けながら各種問題を解決して行く事も行っておりますが、問題を解決するアドバイスを受けながらも、今の現状を素直に受け入れる事を拒否したり、自分の考えの押し付けをされる方がいらっしゃいます。

まず、アドバイスを素直に受け入れる事を拒否する方とはどのような方かお話をしたいと思います。

素直に受け入れる重要性

彼女が浮気をしているかも知れません』・『別れた彼氏と復縁をしたいです』・『旦那と嫌でしょうがない。別れたいけどどうすれば良いのか』とシークレットリサーチャーズには様々なご相談事が寄せられます。

どうすれば良いのかわからず、アドバイスを求められているのは分かります。

弊社もお問合せ頂いたお客様に対して的確なアドバイスをさせて頂き、問題を解決する事に力を注いでおります。

しかし弊社アドバイザーからお客様に対して的確なアドバイスをさせて頂く事に対して『それは違う。私は一切悪くない。相手に問題があった』・『周りのみんなはそう言うけれども私の考えは違う』・『なんでこちらの気持ちがわからないの』と仰る方がいらっしゃいますが、それはこちらからアドバイスを求めているのではなく、自分の気持ちに同調してくれる人をただ求めているに過ぎないのです。

それは自分の考えを正当化したい気持ちの表れであって、問題解決に対して一番の弊害である事ではないでしょうか。

ご自分の考えはどうあれ、まずアドバイスを求めるのであれば、話を聞き入れる事が大切です。

こちらからのアドバイスに対して素直に聞く耳を持たなければ、問題解決のアドバイスが出来ません。

ただ自分の考えを正当化したいのであれば、仲の良い友達に話を聞いてもらう事で良いのです。

本来の問題を解決し前へ進みたいと強い気持ちがあればアドバイスを聞く耳を持つ事で、その後に自分の考えや思いを仰って頂く事は構いません。

そこでアドバイザーと共に問題のすり合わせが出来、問題解決に前進が出来るからです。

自分の考えの押し付けは弊害でしかありません

浮気調査・復縁工作・別れさせ工作と依頼を受け、お客様の状況にあったプランを構築し提供をさせて頂くのですが、『○○を変えて××にしてくれ』・『△△は違うから◎◎でお願いします』とご意見を頂く事はよくあります。

もちろん対象者の事を一番わかっていらっしゃるのはお客様ですから、私共も変更可能なプランでありましたら変更をしていきます。

お客様の積極的なご意見に対しては、お聞きする事も大切な事ですからね。

中には、こちらからご提案したプランに対して全てを拒否し、ご自身が考えたプランを全て押し付けてくる方がいらっしゃいます。

ご自身で考えられた緻密なプラン?をまとめ上げた台本を差し出し『すべてこのようにしてくれ』と注文をされるのですが、まずシークレットリサーチャーズに劇団ではありませんし、想定外の動きがあった場合に対処出来ません。

どんな調査にしても工作にしても、1~10まで想定内に進む事はありえません。

もし自分が考えた台本通りで進めたいのであれば、どこそこの劇団に依頼すれば良い事です。

ただそれは自己満足でしかなく、結果を念頭に置いた依頼ではないのでしょう。

シークレットリサーチャーズはご依頼頂いた事に対して結果を出す事はもちろんの事、お客様の先の幸せのため、様々な角度からアドバイスや各種プランを提供させて頂いております。

弊社だけが勝手に事を進める事は御座いませんし、お客様任せの事も致しません。

お互いに情報や状況を共有し合い、問題を解決して行く方法を取らさせて頂いております。

もし、そのような形をお客様が望んでいないのであれば、ご相談やご依頼はご遠慮下さい。

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズは、浮気調査・復縁工作・別れさせ工作をお客様と共に解決して行く事を前提としております。