よりを戻したいと思ってしまうのはなぜ??


元恋人からメールがきた。元恋人が夢に出てきた。

遠距離で仕方なく別れたけれど、どうしてもあの人を諦めきれない。

やっぱり友達関係じゃ満足できない。

色んな理由で、今現在『元恋人と復縁したい!』と強く願っている人多くいることでしょう。

しかし、元恋人とよりを戻したいと思ってしまうのには、このような復縁したいという心理が作用しているのかもしれません。

復縁したいと思う根本的な理由は喪失感です。

今までは相談事も嬉しい事も、とにかく何か起きればまず恋人に話をしていた。

そして、いつも心の支えとなってあなたに愛を注いでくれた。

そんな相手がいきなりいなくなれば喪失感を感じるのも当然だと言えるでしょう。

その喪失感と恋愛感情、行って仕舞えば未練を勘違いし、恋人と復縁をしたいと感じる方がほとんどだと思って構わないでしょう。

また、喧嘩別れをした場合やマンネリ化が原因で別れた場合には、別れて恋人の存在を失って初めて、いかに自分にとって大切でかけがえのない存在だったのかに気づく事もあります。

別れてしまうことになったのにも何かしらの原因があるはずですが、冷静になってみると、決してその人を嫌いになったわけではないという思いが大きくなっていきます。

当たり前の存在がいなくなってしまったのですから、喪失感は相当なものです。

しかし、本当にあの人でないといけないのか、本当に復縁の選択肢が最適なのかをもう一度自分の胸に問いてみましょう。

振られた側の人は、科学的には薬物中毒状態と脳が似た状態になると言われています。

振られてしまった人は、自分が否定された感情に陥ってしまい、冷静さを取り戻すまでに時間がかかることが証明されています。

好きなのにどうしてその思いが理解してくれないのか、こんなにも愛しているのに伝わらない、といった、思いから被害妄想が大きくなり、周りへの影響も変わっていきます。

食事がのどを通らなかったり、何をやっても無気力状態になってしまうなんて事もあります。

要は薬物状態のような麻痺した脳が錯覚を起こし、復縁をしたいと思わせているというわけです。

このような状態になると相手に対して『執着心』がでてきます。しかし、執着している状態での復縁は難しいです。

復縁したければ相手に対する執着心を冷却期間を使い捨てて、まずは心に余裕を持ってください。

相手の事を思うなと言ってもどうしようもない気持ちは分かります。

誰しも少しでも姿は見えないかと思い相手の家の前や、相手のお気に入りのお店にいってみてしまったような経験があるかと思います。

度が過ぎてしまうとストーカーとなってしまいますが、好きだった相手に執着してしまう事はよくあることなのです。

執着心をぬぐえない限りは復縁は難しいと思っておいた方が良いでしょう。

復縁とは水が入っていて割れてしまったグラスにもう一度水を入れるようなものです。

その位復縁は難しく、壊れた二人の関係はそう簡単に元に戻せないと言う事です。

でも復縁が全く出来ないと言っているわけではありません。

復縁は可能です。

復縁の可能性を上げたいのなら復縁屋シークレットリサーチャーズまでご相談下さい。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは復縁工作をご提案しております。

復縁工作を行えば、別れの本当の原因の聞き出す事や、復縁を意識していない元恋人の気持ちを復縁に意識させる心理誘導を行う事で、復縁に向けた環境が整います。

復縁に向けた環境が整った後は復縁を後押しする事や元恋人との偶然の再会を演出する事も行うので、1人で復縁活動を行うよりも遥かに高い復縁成功率を導く事が出来ます。

1人で復縁活動を行う場合と復縁工作を利用する場合では復縁成功率の差は大きく異なります。

※ストーカー犯罪を含む盗聴、盗撮目的の調査、工作、反社会勢力への協力に関しても探偵業法違反となり、公序良俗に反する為、違法性のあるものに関して復縁工作のご依頼を承る事は出来ません。

離れてしまった気持ちを取り戻す事は簡単な事ではありません。

しかし、専門家の力を使う事で復縁の確率を上げる事は出来ます。

復縁したくなる心理をしっかりと理解した上で ”復縁” を望まれるのであれば一度お気軽にご相談下さい。

参考ブログ