いとこを好きになってしまった……


親戚で集まるとき、時々再会するのがいとこ・・・。

自分の親の兄姉の子供であるため、時には身近で、幼馴染、腐れ縁の存在です。

幼馴染のような存在で気兼ねなく接することができるけれど、兄弟姉妹とはちょっと違った感覚。

そんな関係性を持つのが “いとこ” という存在です。

今回は、いとこに恋愛感情を持ったとき、何と向き合えば良いのか、どう気持ちを表現すれば良いのかをお話ししていきます。

この気持ちは諦めなくてはいけないの?』とお悩みのあなたへ、 少しでも自分の気持ちに整理をつけ、素直になっていただけたらと思います。

現在日本の法律では、4親等以上の親族であれば結婚することが可能なのです。

いとことの恋愛はもちろんですが、いとことの結婚は法的にも許されていて、直系ではない4親等以上の親族であれば結婚することが可能です。

わかりやすくいえば、親の姉妹兄弟の子どもとならば結婚が可能という事になります。

従妹同士の結婚は法律的に言えば、なんら問題はないという事なのです。

しかしながら、いまだに『いとこと付き合うなんて気持ち悪い』などと誹謗中傷をしたり、否定する人がいるのも事実です。

女性同性愛者。・男性同性愛者・両性愛者・性別越境者、さまざまな多様性が認められる時代になりつつある昨今、なぜか、いとことの恋愛に対しては偏見が残り続けているのです。

自分の親の兄弟の血が入ってしまっている事に禁忌、タブーを覚えてしまう人は少なからず多いでしょう。

そもそも、親族に対して恋愛感情を抱くのがありえないと否定する人もいるのが現実です。

では、いとこに恋愛感情を持ってもいいの?

もちろん構いません。

恋愛は自由です。

ですが、そこに結婚という一生を決める事柄が加わってくると大変です。

単なる『運命だと思ったの』『この人と幸せになりたい』と熱に浮かされた感情だけでは通用しないのがいとこ同士の恋愛です。

上記で話した様々なしがらみ、差別、白い目、反発などがあなた達を襲うのです。

それでも『この人は運命の人!どんな不幸なことが起きても大丈夫!』・『誰に何を言われてもいい、私にとってこの人は運命の相手、この人と一生を添い遂げる覚悟はある』という、強い心が互いにあればどんな困難や過酷な運命にも立ち向かえるでしょう。

もしかしたらあなたたちの味方になってくる人物がこの先出てくるかもしれません。

これが真実の愛だと周囲に認めさせれば、おのずと仲間は増えるでしょう。

恋愛には様々な形があって良いと思います。

諦めず、頑張ってください!

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは、様々な恋愛のご相談を承っております。

近親恋愛・不倫・浮気・別れさせたい・復縁したい、と周りには相談しづらい内容であっても専門家がしっかりとサポートしております。

現在、お一人でお悩みの方は一度恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズへご相談下さい。

参考ブログ

運命の人と出会う時前兆がある?!!

不倫から結婚へ…不倫から結ばれる可能性ってあるの??