あの有名大物歌手浜崎あゆみも略奪経験アリ?!


8月1日、歌手の浜崎あゆみさんのデビュー前から1999年の大ブレイクまでを綴ったM 愛すべき人がいて(幻冬舎)が出版されました。

本作はノンフィクションライターの小松成美さんが浜崎さんへの取材を基に手がけた事実に基づくフィクションとされています。

特に1998年から1999年暮れにかけての、所属レコード会社エイベックスの専務(当時)でプロデューサーを務めた松浦勝人さんとの交際について、同棲していたこと、浜崎さんが松浦さんをMという名前で携帯電話に登録していたこと、別れの理由などが克明に記されている。

いずれもこれまで世間には知らされていなかった衝撃的な内容となっています。

2人が出会ったのは1998年。

年齢をごまかして入店した六本木ヴェルファーレでの出会い、松浦氏からの電話の回数を日記につけ、初めてのドライブで耳が真っ赤になるほど照れた瞬間など、気になる男性を前に右往左往する姿は初々しく、誰もが知るあゆ”の意外な素顔に驚く場面も描かれています。

華やかな芸能界での成功を夢見る一方で、小さな幸せを求めていた歌姫の実像が丹念に描かれ、初めて結ばれた時の秘密を背負いながらの疾走と突然訪れた破局というスリリングな展開は、どこまでが事実か分からないが、濃密な時間を過ごした2人という事実だけは明確に刻まれています。

MAX松浦と称していた当時、松浦社長は1995年にモデルの原田香さんと既に一度目の結婚をしています。

同書では、松浦社長の離婚をきっかけに交際をスタートさせたと記されています。

実に絵に描いたようなタイミングですが、かねてから枕営業の噂があった浜崎さんだけに、この作品では美しいシチュエーションに仕上げているのではないでしょうか。

日本を代表する大物歌手浜崎あゆみも、かつては普通の女の子と同じように恋愛で悩んでいたのが分かる作品になっていますね。

彼女と松浦氏が不倫関係であったかどうかは、二人にしか分かりかねぬ事実ですが、いずれにせよ浜崎あゆみさんがキッカケとなり松浦氏の一度目の結婚が破綻してしまったことには変わりはありません。

現在は、別々の道を歩んでいるお二人ですが、二人にとってお互いの存在は人生を大きく左右した、かけがえのない存在なのではないでしょうか。

不倫』・『略奪愛は許される行為ではありませんが、個人的には大物歌手の暴露本によって、賛否はありますが、不倫や略奪愛が少し美化されたような気がします。

現在、不倫や略奪愛をしている人からすると、彼女の本は心に響くものとなるのではないでしょうか?

不倫・略奪はダメなこととは重々理解しているのです。

しかし、人のモノだとはわかっているけれどその恋心を止められない気持ちが不倫や略奪愛へ向かわせます。

■恋は盲目なのです。

あなたはそのまま突き進みますか?
それとも諦めますか??

浜崎あゆみさんと松浦氏の不貞ではあるけれど、人生をかけた大恋愛についてあなたはどう思いますか?

個人的にはTOKIOの永瀬君との交際の時が知りたかった所ですが!

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、不倫略奪愛別れさせ工作などを行っております。

どうしてもあの人と一緒になりたい。と、真剣にお考えの方は一度弊社の無料相談窓口までお問い合わせください。

あなたの叶わないと思っていた恋が実るかもしれませんよ。

参考ブログ

布袋寅泰と今井美樹の泥沼略奪婚

彼と奥さんを別れさせたい。。略奪愛は果たして叶うの?