『別れさせ工作』道徳違反か…29日に地裁判決


今朝方、ネットニュースで興味深い記事がありました。

『別れさせ工作』道徳違反か…29日に地裁判決

恋人や夫婦を破局させる探偵業者の工作活動が社会道徳に反しているかどうかが争われた訴訟の控訴審判決が29日、大阪地裁(山地修裁判長)で言い渡される。1審・大阪簡裁は「反さない」と判断したが、「別れさせ工作」は不当性が高いとして探偵の業界団体が自主規制しており、地裁の判断が注目される。

 簡裁判決などによると、工作は、元恋人の女性との復縁を望む男性が2016年、大阪市内の探偵業者に計約130万円で依頼。女性の現在の彼氏に女性工作員が接触して親しくなると、工作員は女性に対し、彼氏が自分とも会っていると暴露した。その後、女性は彼氏と別れたという。
だが、男性と業者は報酬の支払いを巡って対立。業者が未払い分70万円の支払いを求めて提訴した。男性側は「業者は工作員に性的関係を持たせる計画も立てており、行き過ぎだ」とし、契約は無効と主張していた。
』(読売新聞引用)

とありました。

大阪簡裁での判断は『社会道徳に反さない』と出ており、それに対しての控訴審判決が大阪地裁で行われるとの記事です。

よく記事を読み解いて行くと、この裁判の事の発端は、依頼者が別れさせ屋に依頼し、工作が成功したにも関わらず、依頼料の一部を支払わない事から、別れさせ屋側が残金の支払いを求めて裁判をしたようです。

簡単に説明すると『依頼者が別れた彼女との復縁を望み、その過程で別れた彼女には新しい彼氏が居るから別れさせて!』との話ですね!

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでも、このような別れさせ工作のご相談・ご依頼は沢山あります。

別れた相手と復縁したい…でも、新たに恋人が居るので復縁するには新たな恋人が邪魔だから別れさせたい』と!

このように考えるのは誰しも思う事であって、特別おかしな事ではありません。

しかし、ここで問われているのが『別れさせ屋を利用して別れさせても良いのか?』なのです。

社会道徳に反するか・反さない』かは、人それぞれ思う所もあるでしょう。

しかし実際に自分の手ではどうにもならない、藁にも縋る思いで『別れさせ屋』に依頼するのです。

実際に大阪簡裁での判断は『社会道徳に反さない』となりましたので、問題はないのです。

別れさせ屋に別れさせ工作を相談・依頼をするか悩まれている方は、何も問題ありませんので勇気を出してご相談下さい。

今回の記事で特に目が付き、問題なのは依頼者が契約金を支払わない事ではないでしょうか?

自分から依頼をしておいて、別れさせ屋との契約を破棄し本来支払うべく金額を支払わないとは自分勝手な話であります。

だから、彼女に振られる原因でもあるんではないでしょうかね?

この記事には最終的に復縁出来たかは書いておりませんが、依頼者と彼女の復縁は出来なかったと思います。

根本的な話で依頼者の性格上の改善が出来ていなかったら、いくら別れさせ工作が成功しても、復縁なんて無理なのですから!